林ゆめ 2018年12月6日号

高視聴率の「となりのトトロ」、ネット上では野暮なツッコミ多発

掲載日時 2018年08月25日 07時05分 [エンタメ] / 提供元 リアルライブ

 8月17日、『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)において「となりのトトロ」が放送された。1989年の初放送以来、16回目の放送となるが、視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区平均)を記録し、近年のテレビ不況にあっても根強い人気を示した。

 その一方で、ネット上ではあらためて同作品へのツッコミが相次いでいる。スタジオジブリ作品をめぐっては、高畑勲監督の逝去を受けて追悼放送がなされた「火垂るの墓」には、身勝手な清太を責める愛のないツッコミが相次いだが、トトロも同様なのだろうか。

 「『となりのトトロ』に関しては、時代考証に関するツッコミというよりは、そもそもの作品世界に対する内容が多いですね。サツキよりもメイの顔が大きく、頭蓋骨の形が変であるといったものや、大きなコマを回して空を飛ぶことは物理的にありえないといったものですね」(アニメライター)

 ネット上には「子どもの時は夢中で見ていたけど、大人になると矛盾点多いな」「どうしてもツッコミ目線を持ってしまうのは寂しい」といった反応も見られた。何度も繰り返し観るからこそ、新たな発見もあるのだろう。これは映画鑑賞の醍醐味でもある。さらに、作品について語られる都市伝説も新たに注目されている。

 「すでにサツキとメイが亡くなっているというものですね。作品の途中からサツキとメイの影が消えるほか、ネコバスに乗って入院中の母親に会いに行くものの直接会えないのは、すでにこの世にいないからであり、トトロは森の妖精ではなく死神であるというものです。あまりにも話がひとり歩きしてしまったため、ジプリが公式見解で否定したことも話題となりました」(前出・同)

 ツッコミがあふれることを含め、「となりのトトロ」はそれだけ注目され愛される作品であるといえるかもしれない。

関連記事
ジブリ鈴木敏夫、鳥獣戯画を動かす
【声優の履歴書】第50回 『タッチ』浅倉南、『となりのトトロ』草壁サツキ、『らんま1/2』天道あかねを演じた・日高のり子
人気芸人、ミュージシャン、モデルも出演 異色のアニメ『あはれ!名作くん』一番声優向きの芸人は?
ようやく正式発表\! 織田裕二と鈴木保奈美、27年ぶりの共演の詳細
元乃木坂46・市来アナの『行列』抜擢、なぜ“今”? その裏に「人気アナのフリー転身」か

エンタメ新着記事

» もっと見る

高視聴率の「となりのトトロ」、ネット上では野暮なツッコミ多発

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP