葉加瀬マイ 2018年11月29日号

凄絶! 元宝塚スター月船さらら 雪中野外SMセックス映画誌上公開(2)

掲載日時 2016年10月23日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年10月27日号

 いち早く試写を見た映画評論家の秋本鉄次氏も月船を絶賛する。
 「雪が積もり、舞う、酷寒の山中で、実際に半裸のままで演じる2人のSMプレイの“狂乱”ぶりは圧倒的でした。月船は『世界で一番美しい夜』の完脱ぎも素晴らしかったですが、今回の振り切った熱演にも脱帽です。彼女のボンデージ衣装は『愛の新世界』('94年)の鈴木砂羽といい勝負のハマリ具合でした。凄絶で、狂気も孕み、エロスも噴出し、“女優を一から勉強したい”と宝塚を辞めたほどの月船の女優魂、ここに在りでしたね」

 狂乱プレイは降り止まぬ雪のように、まだまだ続く。
 樹木に縛りつけた前野を容赦なく責め立てる月船。やがて、この酷寒の中、興奮した前野の分身が、何と恥も外聞もなくエレクトし始める。それを見た彼女は、ボンデージのパンツをそそくさと脱ぎ、立ったままの後背位、俗に言う“立ちバック”の体勢で後ろから迎え入れるのだからドスケベ、いやド変態である。
 さすがにこの局部結合シーンにはボカシが入り、ヘコヘコと律動がワイセツに繰り返される。

 月船は「許さないっ!」と叫びつつ、やがて
 「ううっ、ああっ」
 と喘ぎ、わななき、この変態セックスの味に溺れていく…。
 前野もまた「わぅ〜」と犬のような声を上げる。まさに獣の営み、畜生の行為そのものだ。そして、あっと驚き、呆れるクライマックスへと突入する。

 一方、ノーマルなセックスシーンでは、前野の妻を演じる白石茉莉奈(30)が冒頭から激しいベッドシーンを繰り広げる。
 白石はT154センチ、B90・W60・H90のGカップ巨乳でド迫力ボディーの人気AV女優。セクシーアイドル集団『恵比寿★マスカッツ』のメンバーでもあり、かわいいルックスと巨乳のギャップが魅力的なママドルだ。
 赤ん坊を寝かしつけて、ベッドで全裸に横たわる白石に前野がキスの雨。さらに自慢の乳房を吸いまくり、大きい乳輪が揺れる。やがて股間にも舌を這わせクンニ、白石が喘いだところで、グサリと正常位で挿入しピストン運動。感極まったところで白石のお腹に“外出し”。飛び散った精液が実にいやらしい。

 月船が四十路完熟女なら、白石は三十路のプチ熟女というところだろう。2人の巨乳対決、ノーマル&変態対決は大いに見ものだ。
 「僕は、もちろん月船の変態エロスに軍配を上げます(笑)」(前出・秋本氏)

 元宝塚スターの変態SM映画は“刺激度”がすごいゾ。

関連タグ:濡れ場

芸能新着記事

» もっと見る

凄絶! 元宝塚スター月船さらら 雪中野外SMセックス映画誌上公開(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP