葉加瀬マイ 2018年11月29日号

業界内で高値取り引きされるタモリ“幸運を呼ぶ”待ち受け写真

掲載日時 2018年05月10日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2018年5月10・17日合併号

 今や女子アナ界、スポーツ界、果ては政界をも巻き込んで注目を集めているのが、タモリ(72)。なんと、サイン入り写真の待ち受け画面が超高値で取り引きされているという。
 「タモさんが赤塚不二夫と一緒にシェーッとやっているポーズは3万円〜。タモリの若い頃の写真は1万円〜。その中でも幻とされているのが、薄いサングラスを通してタモリの目がうっすらと見えるもの。数十万円とも言われているんです。携帯の待ち受け画面にした結果、すぐに仕事運がアップするので引く手あまたなんです」(芸能関係者)

 事実、タモリと仕事をした写真を待ち受け画面にした女子アナは、その後、必ず大化けしているのだ。
 「『ブラタモリ』の初代アシスタントの久保田祐佳アナは、『NHKニュース7』や『首都圏ニュース845』を担当する報道のエース。2代目の首藤奈知子アナは結婚し、子供を設けながらも『週刊ニュース深読み』のメインキャスターを続けている。3代目の桑子真帆アナは、'17年には『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに抜擢され、『NHK紅白歌合戦』の総合司会を務めた。4代目の近江友里恵アナは4月から『あさイチ』の司会に抜擢されている」(芸能事情通)

 スポーツ界も例外ではない。
 「サッカーの本田圭佑や長友佑都、フィギュアスケートの羽生結弦や浅田真央、野球界からは大谷翔平やダルビッシュ有、古くは落合博満、石井一久、古田敦也、佐々木主浩。マラソンの川内優輝、スキージャンプの葛西紀明、テニスの錦織圭、競馬の武豊など。変ったところでは、将棋の藤井聡太などがタモリの写真を携帯に張り付けた結果、見事な成績を収めるようになったんです」(放送作家)

 ちなみにテレビ画面をデジタル化したものは、念が入っていないということで効果がないという。偽物も出回っているのでご注意を。

芸能新着記事

» もっと見る

業界内で高値取り引きされるタモリ“幸運を呼ぶ”待ち受け写真

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP