和地つかさ 2018年9月27日号

オートレース 高橋貢が久々のSG制覇へ確かな手応え

掲載日時 2016年12月08日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年12月15日号

 「高橋貢」。この男の偉大さは、今さら書き記す必要はないだろう。通算191Vは空前絶後の数字で、2度と破られない現在進行形の大記録である。そんな高橋も今年で45歳。SG20冠を誇る男もここ4年、SG制覇から遠ざかっている。

 「もう貢は終わった」。そんな声も聞こえる。しかし、筆者は思う。1年、2年…SGを勝てないと必ずと言っていいほど「終わった」的な声が高橋に上がる。しかし、その雑音をかき消すSG制覇。これを幾度も繰り返してきた。

 年齢的なものを考えると今回ばかりは確かに「衰え」を考えなくてはいけない。しかし、周囲の見方は違う。
 「貢の身体を見てごらんよ。自分に相当厳しく鍛えてる。あれだけやっていれば衰えないだろうし、逆にパワーアップしてるんじゃないか?」と、あるベテラン選手が苦笑した。

 つい最近、高橋は言った。
 「少し整備で妥協している部分もあった。でも、ファンから手紙などで多くの激励メッセージをもらって、まだまだ自分にはやることがあると」
 そう自らを奮い立たせていたのが、実に印象的だった。

 10月に川口SG全日本選抜で怒涛の追い込みから優勝戦3着、そして11月の日本選手権でも追い込んで青山周平を競り落として2着準優勝。4年ぶりのSG優勝へ、高橋は確かな手応えを感じているに違いない。

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース 高橋貢が久々のSG制覇へ確かな手応え

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP