久松かおり 2019年4月4日号

専門医に聞け! Q&A ★足の小指の外側にできるタコ

掲載日時 2019年01月07日 22時00分 [健康] / 掲載号 2019年1月10・17日合併号

専門医に聞け! Q&A ★足の小指の外側にできるタコ
画像はイメージです

Q:足の小指の外側にタコができます。革のビジネスシューズが原因だと思いますが、仕事柄、スニーカーを履くわけにはいきません。タコを治す方法はありませんか。教えてください。
(27歳・信用金庫勤務)

A:タコ(胼胝)は皮膚病の俗称で、皮膚の特定の場所に摩擦や圧迫が繰り返し加わることにより、角質が厚く、硬くなる症状です。

 女性に多く見られますが、男性にもあります。男性の場合、小指の外側にできるのが特徴です。サイズが小さい靴や先が尖りすぎているビジネスシューズが原因の場合が多いようです。

 これら足に合わない靴は、特に親指と小指を締め付けます。そのため、小指の外側などにタコができます。変形もしてきますが、弊害はそれだけではありません。小指の変形は、体全体のバランスを崩す要因となります。

●インソールと5本指の靴下で対応

 改善策としては、まずはタコができるような靴を履くのをやめましょう。オーソドックスなプレーンやオックスフォードなどのひもで結ぶ革靴を選びましょう。ひも付きの靴は、ひもをギュッと結ぶことで、足が前にすべらないように甲のところで足を固定できます。

 また、サイズの大きな靴や柔らかい素材の靴は、歩くたびに靴の中で足がすべったり、かかとがずれたりして、結果として足指がゆがんできます。

 靴の中で足が前にすべるのを防ごうとして、足指が曲がります。靴の中で足が前にすべると、足指は締め付けられます。特に親指と小指が締め付けられ、小指の外側のタコがますますひどくなります。

 ジャストフィットの靴を選ぶことが重要ですが、しかし、そういう靴はなかなか見つからないものです。それに対しては、自分の足に合わせたインソールをオーダーして作り、使用するとよいでしょう。

 加えて、5本指の靴下を履くようお勧めします。5本指の靴下は、足指の曲がりを矯正する力が強く、5本の指がきっちり分かれ、指が伸び、指が十分に使えるものが理想です。

***************************************
今井一彰氏(みらいクリニック院長)
山口大学医学部卒業。東洋医学などさまざまな医療を駆使し、薬を使わずに体を治していくという独自の観点に立って治療を行う。日本初の靴下外来も設置。

関連タグ:専門医に聞け


健康新着記事

» もっと見る

専門医に聞け! Q&A ★足の小指の外側にできるタコ

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP