RaMu 2018年12月27日号

「女性はデカチンが好き」の研究発表に批判続出

掲載日時 2013年05月02日 12時00分 [エンタメ] / 掲載号 2013年5月2日号

 やっぱり女性はデカチンが好き!? 4月9日、世界中の男性に衝撃のデータが発表された。カナダ・オタワ大学の生物学者ブライアン・マウツ氏によるユニークな実験の結果内容である。
 「マウツ氏は、コンピューターで作成した、ルックスは全て同じで身長や体形、さらに弛緩時のペニスの大きさが異なる53人分の“等身大の男性の輪郭”を用意。これを平均年齢26歳のオーストラリア人女性105人に見せて“男性の魅力を評価”してもらったんです」(全国紙社会部記者)

 その結果、女性たちがもっとも魅力的と評価したのは、「とても大きなペニスを備えた長身男性」という結果になったのだ。
 大きさは関係ない、大事なのはハートだ! なんて熱い主張は、粗チンの遠吠えなのかも。

 だが、この研究結果に異論を唱える声が続出しているのも事実。アメリカの進化心理学者は「弛緩した男性器は勃起時の大きさの完全な指標にならない」と反論。勃起状態のペニスで調べない限り、デカチン最強説は立証できないというのだ。
 さらに、日本からは医学博士の志賀貢氏がこう語る。
 「この結果に対して、日本人男性が嘆く必要はありません。そもそも、日本と外国の女性は体つきが違うので、小柄で華奢な日本の女性だと大きなペニスは痛いことが多い。ちなみに勃起時の長さ12センチ、亀頭の直径2.5センチが一番日本人女性に合うペニスといわれています。SEXやペニスにも“国民性”はあるので、海外の研究報告は当てにしないほうがいい」

 体位にしても、日本は男性主導の正常位が中心だが、海外では騎乗位を好む女性が多いように、SEXのやり方によっても「女性が求めるペニスの大きさ」は違ってくるという。
 「ちなみに女性の乳房も大きければいいわけではない。貧乳のほうが脂肪も少ないので感度はいいんですよ(笑)」(前同)

 小さいのも悪くない。


エンタメ新着記事

» もっと見る

「女性はデカチンが好き」の研究発表に批判続出

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP