53歳弁当屋店長の女、アルバイトから100万円をだまし取る 店員丸刈り暴行に次ぐ不祥事にドン引きの声

事件・2020/06/23 12:10 / 提供元 リアルライブ
53歳弁当屋店長の女、アルバイトから100万円をだまし取る 店員丸刈り暴行に次ぐ不祥事にドン引きの声
閉じる

 22日、香川県高松市の弁当屋店長が、47歳のアルバイト店員から100万円をだまし取り、逮捕されていたことが判明。その行動に怒りの声が相次いでいる。

 逮捕された女は、高松市での弁当屋で店長を務めていた53歳の女。この女は今年4月、24歳のアルバイト女性に35歳の女性店員と共謀し、強制的に丸刈りにするという凶行に及び、暴行容疑で逮捕されていた。しかも警察の取り調べに対し、「暴行の現場も見ていない」などと否認していた。

 この店では35歳の女が、20代の女性店員に対し、ピアッサーで鼻に穴を開けていたことも発覚。そのあり得ない行動に「どんな弁当屋なんだ」「酷すぎる」という声が噴出していた。

 >>35歳弁当店店員の女、女性アルバイトの鼻にピアスを開け逮捕 丸刈りにした疑いでもすでに逮捕<<

 そんな声が上がる中、さらに非道な犯行が発覚。53歳の店長が2017年、当時勤務していたアルバイト店員の女性(47)に対し、「あんたのせいで顔をやけどした」と難癖をつけ、「これが病院の領収書」と偽の紙を見せた上で、100万円をだまし取り、詐欺容疑で再逮捕された。

 店長は取り調べに対し、「やけどは事実。相手が100万円払うというから受け取った」とうそぶいているという。現状、やけどの事実は確認されていない。さらに、店長はこの女性を蹴ったとして、5月に傷害容疑で逮捕されていたという。

 またも発覚した、弁当屋の店長らによるアルバイトへの常軌を逸した暴行に、「信じられない。なぜこんなことができるのか」「アルバイトが次々と餌食になっている。地元の人間は場所に気づいていないのだろうか」「面接の段階で支配しやすい人間を狙っていた。酷い」「この弁当屋は潰れるべきだ」「放置していたら、もっとひどい事件になっていた。逮捕されて良かった」と驚きの声が上がった。

 丸刈り強要、暴力、詐欺。この弁当屋はいったいどうなっていたのか。

関連記事
事件新着記事