葉加瀬マイ 2018年11月29日号

羽鳥と日テレが繰り広げる仁義なき視聴率バトル!

掲載日時 2016年01月17日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2016年1月21日号

羽鳥と日テレが繰り広げる仁義なき視聴率バトル!

 フリーアナとして飛ぶ鳥を落とす勢いの羽鳥慎一(44)アナに、予期せぬトラブルが持ち上がっている。なんと古巣の日テレから出禁を食らう可能性が出てきたというのだ。その理由は、昨年10月にスタートした『羽鳥慎一モーニングショー』(テレ朝系)の絶好調ぶり。朝のワイドショー戦線に大異変が起きている。
 「NHKの『あさイチ』は別格です。民放では『とくダネ!』(フジ系)と『スッキリ!!』(日テレ系)がこれまで2強として競ってきた。これにテレ朝、TBSが続くという形が長い間の定番だったんです」(放送作家)

 ところが、この勢力図に異変が生じるようになったという。それは『スッキリ!!』が、『羽鳥慎一モーニングショー』に視聴率で競り負ける日が出てきたのだ。
 「『スッキリ!!』の平均視聴率は6〜8%台。以前は4〜6%台だった『羽鳥慎一モーニングショー』が日によって0.1〜0.3差で勝つ日があるんです」(制作会社関係者)

 この異常事態に焦りまくっているのが日テレだ。
 「最近、司会陣を巡る評判が芳しくないからです。メーンの加藤浩次はお笑い芸人のくせに上から目線だとか態度が横柄、さらには、よく番組をサボるという評判がネットなどで定着している。一方、サイドの上重聡アナもスポンサーから常軌を逸した融資を受けるなど、視聴者受けは最悪な状態です。正直、羽鳥の台頭で、『スッキリ!!』の打ち切りを検討しなければいけない事態まで追い込まれているんです」(テレビ関係者)

 そんな羽鳥に、ある日テレ幹部から出禁通達が申し渡されたという。
 「そもそも日テレからテレ朝に行った時も、玉虫色の決着で幹部連は納得していなかった。今後は新番組の起用を見送るなどの可能性が出てくる」(制作事情通)

 そんな羽鳥といえば…。
 「現在、彼の年収は3億円を超えている。日テレから干されても痛くもかゆくもない」(前出・テレビ関係者)

 羽鳥と日テレのバトルは始まったばかりのようだ。

芸能新着記事

» もっと見る

羽鳥と日テレが繰り広げる仁義なき視聴率バトル!

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP