中島史恵 2019年6月6日号

打てない刺せない楽天・嶋 このままだと“政権交代”か?

掲載日時 2019年05月15日 11時49分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

打てない刺せない楽天・嶋 このままだと“政権交代”か?

 楽天・嶋基宏が不振を極めている。34歳のベテラン捕手は14日終了時点で30試合に出場しているが、打撃成績は「打率.200・2本塁打・11打点・14安打」。12日オリックス戦では猛打賞を記録したものの、14日日本ハム戦では無安打と復調にはつながっていない。

 また、バット以上に深刻な状態なのが「肩」。今シーズンはここまで盗塁を29回企図され、阻止したのはわずか2回。11日オリックス戦で初めてアウトを奪うまで、開幕から26回連続で盗塁を許し続けた。

 さらに、同戦での阻止も二塁走者の大城滉二が三盗を狙い損ねたことによるもので、嶋の送球で直接盗塁を刺したわけでは無い。つまり、純粋な「盗塁刺」といえるのはたったの1回だけだ。

 盗塁阻止率「.069」は、両リーグを通じて断トツの最下位。また、NPB公式サイト上で記録が公開されている期間(2005年〜)を見ても、0割台をマークしている捕手はほとんどいない。もちろん、今後のシーズンで揺り戻しが来る可能性もなくはないが、このまま行くと、近年の球史では稀に見る数字が記録されることになる。

 2006年ドラフト3位で楽天に入団した嶋は、これまでにベストナイン、ゴールデングラブ(いずれも2010年・2013年)、最優秀バッテリー賞(2011年・2013年)をそれぞれ2回ずつ受賞。また、盗塁阻止率も3割以上を3回記録するなど、看板捕手として長らくチームに貢献してきた。

 また、2012年〜2017年にかけては、第8代日本プロ野球選手会長としても活動。チームだけでなく、球界のためにも身を粉にして働き続けてきた。

 ただ、過去にどれだけの実績を積み重ねていようと、今結果を出せなければ立場が苦しくなるのがプロ野球の世界。打てない、刺せないという状態のままなら、いずれ山下斐紹(26歳)や石原彪(20歳)といった後輩による“政権交代”が実現することは想像に難くない。

 「見せましょう、野球の底力を」という言葉で、嶋が多くの人に勇気を与えたのは2011年のこと。あれから8年が経った今、自身の底力を見せることはできるだろうか。

文 / 柴田雅人

関連記事
阪神・大山選手に届け! 男子小学生作『春の大山』ポエムが大拡散、その才能\にエッセイストらも嫉妬
現場に要求されるものとは…広島・高コーチがファインプレーも「試合時間短縮」とは逆行している?
ファンがグラウンドに乱入…今日試合の“魔境”北九州市民球場はとんでもエピソ\ード満載
中川圭\太に「遠慮せずスタメン狙え!」オリックス・西村監督がルーキーに送ったエール
「“覚悟”を見せる」新日本再入団の飯伏幸太、6.9大阪城ホール大会で内藤哲也と対決

スポーツ新着記事

» もっと見る

打てない刺せない楽天・嶋 このままだと“政権交代”か?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP