森咲智美 2018年11月22日号

園児のアイドル・小島よしおを脅かすあの裸芸人の存在

掲載日時 2015年11月01日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2015年11月5日号

園児のアイドル・小島よしおを脅かすあの裸芸人の存在

 一発屋と呼ばれる多くの芸人から“師匠”と崇め奉られているのが「そんなの関係ねぇ!」、「おっぱっぴー」などのギャグで活躍する小島よしお(34)だ。最近は地上波でこそ姿を見かけることはなくなったが、年収はなんと1億円以上もあるという。
 「子供相手に営業し、仕事がどんどん入ってくるんです。小島は幼い子供らの絶対的アイドルと言ってもおかしくない。幼稚園や保育園などのイベントのギャラで1日あたり10万円前後の日銭を稼ぐ。多い日は何件もハシゴしまくるわけです」(放送作家)

 ところが、この小島が絶体絶命のピンチに立たされているという。最近、保育園や幼稚園などから、まるで示し合わせたかのように、営業オファーが来なくなってしまったのだ。その原因は、一見、全裸に見えるポーズを決めては「安心してください、穿いてます」とパンツを指差すネタで大ブレーク中の“とにかく明るい安村(33)”に出演依頼が集中してしまったからだ。
 「まったくのキャラ被りですよ。小島と安村は同じ海パンの分かりやすい格好で、ギャグも幼い子供が理解し、すぐにマネできるものしかやらない。以前は子供たちが『そんなの関係ねぇ!』、『おっぱっぴー』など、振り付けつきでやっていたが、今となっては『安心してください、穿いてます』と、いろいろなポーズを取っては喜んでいるんです」(芸能記者)

 ちなみに、気になる安村の年収だが…。
 「それがまだ100万円にも満たないらしいです。奥さんに食べさせてもらっている状態が続いていると聞きます。所属の吉本興業は厳しく、ギャラの9割を持っていくと言われているからです。営業だろうがテレビだろうが収入は関係ない」(芸能マネージャー)

 いずれにせよ3年後、生き残っているのはどっちの海パン芸人!?

芸能新着記事

» もっと見る

園児のアイドル・小島よしおを脅かすあの裸芸人の存在

Close

WJガール

▲ PAGE TOP