本誌名物企画 最新版! 女子アナ「ヘア写真集」裸の値段ベスト10(3) 皆藤愛子、和久田麻由子、大江麻理子、狩野恵里、笹崎里菜

芸能・2015/02/08 20:00 / 掲載号 2015年2月12日号

 6位は皆藤愛子(31)だ。
 デビュー当時の20代前半で“愛ちゃんブーム”を起こし、その後人気ダウン。しかし、30歳過ぎても変わらずのかわいらしさ。再びブレイク中だ。
 とにかくフリーは使い捨ての女子アナ業界にあって学生時代から活躍し、すでに約10年も第一線で働いている。ロリアナのスーパーブランド。
 「女子アナ界、局アナ、フリーをザッと見回しても彼女より美少女はいない。年齢は31歳と三十路ですが、初々しさは女子アナの鏡。聞けば親と同居し“本処女”ってのがグッド。朝の女神です」(夕刊紙記者)
 「今回は部数35万部、ギャラ1億4000万円。再び愛ちゃん時代が来るでしょう」(前出・小林氏)

 7位はNHKから。東大卒の和久田麻由子アナ(26)だ。
 現在、『ニュースおはよう日本』の週末担当。T160センチ、B80・W58・H83というスレンダーバディが特徴だ。顔はキリッとしてあまり笑わず歯を見せないタイプ。いかにも名門女子高から東大に進学した品の良さが感じられる。
 「入学時は人に話しかけることもなく、おどおどしていたウブな女学生を絵に描いたようだった」(知人)

 お世辞にもタレント性があるとはいえないが、魅力も随所に感じられる。
 「ブラウスでもスカートでもピッタリ系の服を好む。後ろに立てば透けブラ、パンティーラインもミエミエ。無造作なのが目の保養」(NHK関係者)

 こんな優等生アナはどんな肢体をしているのか。
 「外でレポートするときは、動きやすいように男性用ボクサーパンツ愛用とか。局内でスカートのときはTバック。彼女のおっぱいは、時にDカップ級に見えるのですが、上げ底でしょう。東大生も乳房には見栄を張るんです。並み貧乳でも部数はウブさが買い。30万部、ギャラ1億2000万円」(出版プロデューサー)

 8位はテレビ東京の大江麻理子アナ(36)だ。
 昨年、億万長者といわれる証券会社社長と結婚し、ついに玉の輿に乗った。ここ何年か清楚な司会で会社帰りのサラリーマンを魅了してきた。これまでは好感度でベスト3に入ったものの、人気下降傾向。8位はむしろ健闘か。
 「叱ってほしいお姉さんタイプですが、一般のサラリーマンには異次元の世界へ嫁にいってしまった。部数20万部、ギャラ1億円。お金持ちにはこの額が妥当」(出版社幹部)

 9位は同じくテレビ東京の狩野恵里アナ(28)だ。
 英語堪能、完全にくだけたキャラがウリ。現在『モヤモヤさまぁ〜ず2』などで人気上昇中だ。
 「『水に濡れた』とか言って失禁したりするのがかわいい。バスト88センチ級でブルブル。ハメを外す女子アナとして、今後さらなる失態が見込める。近くミニスカートから水が滴る究極のお漏らしに挑戦させる予定。見どころ満載。写真集で本物のお漏らしなら部数18万部、ギャラ8000万円」(コーディネーター)

 ラストの10位は今年4月に日本テレビに入社する笹崎里菜さん(22)。
 銀座ホステスをやっていたということで一時は内定取り消し。しかし、裁判で和解し晴れて入社の運び。
 「あとは入社後のガンバリでしょう。物珍しさで最初は話題になると思うが、最終的には実力の世界。バディはモデル体型だから部数17万部、ギャラ7000万円。日テレは他局よりも薄給だからぜひやるべき」(テレビ関係者)

 女子アナの“華”は短し。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事