『NEWS』手越祐也“心からの反省”に最も縁遠いキャラでクビ確実か…

芸能・2020/05/31 12:00 / 掲載号 2020年6月11日号

 外出自粛期間中、自宅に女性を呼んでパーティーを開くなどが複数回報じられ、芸能活動の無期限自粛が発表された『NEWS』手越祐也。所属のジャニーズ事務所との契約は来年1月まで残っているとみられるが、早晩の退所、あるいは事実上の解雇の方向で調整が進められているという。

「新型コロナ感染拡大防止キャペーンで、ジャニーズ事務所が『嵐』などの所属タレント76人で結成させた期間限定ユニット『Twenty★Twenty』から手越が外れていたのは、そもそも滝沢秀明副社長体制が、ジャニーズのクリーン化に動き出しているからに他なりません」(スポーツ紙記者)

 一昨年6月、手越は“未成年女子飲酒疑惑”が報じられ、3カ月後には未成年女子を含む知人女性30人を引き連れて飲酒パーティー疑惑。さらに、昨年7月にジャニーズ事務所の創設者のジャニー喜多川さんが他界した前後も、女遊びが目撃されていた。

 昨年6月に吉本興業所属の芸人らによる闇営業が発覚。半グレの宴会に出席していた『雨上がり決死隊』の宮迫博之には、7億5000万円相当の金塊強盗事件の犯行グループとのギャラ飲み疑惑が持ち上がった。

「その犯行グループとは宮迫の報道より前に、手越のツーショット写真が出回っていました」(夕刊紙記者)

 もともと、ジャニーズ事務所は手越の怪しい人脈に頭を抱えていたという。

「ジャニーズの問題児とされながらも、藤島ジュリー景子社長に寵愛されているため、お咎めなしだった」(テレビ関係者)

 今年3月下旬には、東京都が飲食を伴う桜の花見の自粛を呼び掛けているのに、手越は安倍首相の昭恵夫人を含めた13人のメンバーとの花見見物写真が『週刊ポスト』に掲載されている。

「顔にボカシを入れられた参加者の中には、元半グレ幹部で現在は東南アジアでマネーロンダリングを手掛ける人物と酷似した男が写っていました」(芸能ライター)

 滝沢副社長はアイドルとして厳しい自己管理を所属タレントに求めている。

「ジュリー社長の手前、我慢していたが、彼も我慢の限界にきたようです」(同・ライター)

“心からの反省”に最も縁遠いキャラの手越だけに、退所は避けられない!?

関連記事
関連タグ
芸能新着記事