森咲智美 2018年11月22日号

専門医に聞け! Q&A “舌”の観察で健康状態をチェック

掲載日時 2013年02月12日 12時00分 [健康] / 掲載号 2013年2月14日号

 Q:毎朝歯を磨くときに舌を見ますが、黄色い苔が厚い層を作っています。体にどこか悪いところがあるのでしょうか。それとも、毎晩お酒をかなり飲むのでそのせいでしょうか。舌苔の原因と改善法について教えてください。(36歳・観光バス運転士)

 A:舌診といって、東洋医学では診察の一つとして舌の形や状態を診ます。
 表面の舌苔の他、舌そのものの色や形や大きさも重要な観察対象です。舌の裏も見ます。血管の様子や色など、さまざまな症状がそこに現れるからです。
 普通、健康な舌は、淡い赤からピンクの中間の色をしています。そして舌苔は白く、苔の間から舌が透けて見えます。
 口を大きく開けて、舌を下唇の少し下の辺りまで突き出してみてください。このとき、左右の口角に隙間が開いているのが正常です。他方、舌苔の間から舌が透けて見えず、苔が隙間なく付いているのは異状です。
 舌を突き出したとき、左右の口角に隙間がないのは、舌がむくんでいるためで、これも異状です。ひどくなると、苔がびっしり生え、舌が厚くなります。

●胃腸が熱を持っている
 舌苔には、色が黄色いものと白いものがあります。黄色い舌苔は熱証で、胃など内臓に熱を持っています。一方、白い舌苔は寒証で、特にこれといって体に異状がない場合もあります。
 さらにもうひとつのチェックとして、舌の両端などに歯形(歯痕)が付いていないかどうかを見てください。もし付いているなら、これも消化不良の現れです。
 もともと慢性的に消化機能が悪い人の場合、水分の吸収がよくないので、体に水分がたまる傾向があります。その現れの一つとして、舌がむくむため、歯形が付きます。
 いずれにせよ、舌苔がたくさん付いているのは、胃腸が悪い場合が多いです。ご質問の方は、舌苔が黄色く、しかもお酒を飲むとのこと。おそらく、お酒をたくさん飲むことによる消化不良で、胃腸が熱を持っているのでしょう。

●お酒を減らし、消化の良いものを食べよう
 ご質問の方は、しばらくの間、少しお酒を控え、消化の良いものを食べるようにしてみてください。食べ過ぎないことも大事。脂っこいものも摂り過ぎないようにしてください。
 そして毎朝、舌と舌苔を観察してください。胃腸の機能が改善され、熱も取れてくれば、舌苔は減ってくるでしょう。
 漢方薬では『平胃散』がオススメです。この漢方薬は胃腸の熱を取り、消化不良を改善する働きがあります。

三浦於菟氏(東邦大学医学部医療センター大森病院東洋医学科教授)
東邦大学医学部卒。国立東静病院内科勤務を経て、中国・南京中医学院、台湾・中国医薬学院に留学。日本医科大学附属病院東洋医学科助教授を経て現職。著書『東洋医学を知っていますか』など多数。

関連タグ:専門医に聞け!

健康新着記事

» もっと見る

専門医に聞け! Q&A “舌”の観察で健康状態をチェック

Close

WJガール

▲ PAGE TOP