紗綾 2019年8月1日号

日テレのイチロー会見・試合中継“強制終了”に批判殺到の中、勇気ある「名実況」に大喝采

掲載日時 2019年03月22日 13時07分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

日テレのイチロー会見・試合中継“強制終了”に批判殺到の中、勇気ある「名実況」に大喝采

 「イチローを、見ないのか」。21日に行われたオークランド・アスレチックス対シアトル・マリナーズ戦の中継に、日本テレビはこのキャッチコピーを使った。このコピーが裏目に出て、ファンから大きな批判を浴びている。日本テレビがそのイチローを映さなかったからだ。

 問題となったのは21時直前。日本テレビは試合途中にも関わらず、試合中継を終了した。イチローの最終打席を、地上波のみを視聴していたファンは観ることが叶わず。その後も、BSの日本テレビやCSのG+では中継されていたが、視聴環境がないファンは不満の声を挙げた。

 さらに、23時からのnews zeroでも、イチローの引退記者会見の模様が放送される予定だったが、「このあとすぐ会見」とテロップに表示しながらも、会見はなかなか始まらず。news zero放送終了時刻である24時直前にようやく始まったが、1分で打ち切られ、またしてもイチローを見せることは無かった。

 繰り返しの放送終了に、インターネット上は「イチローを、見せないのか」と冒頭のコピーを皮肉った文言で溢れ返り、「イチローを見せろ!」「あの終わり方はない」「見たければ金払えということ?」と辛辣なコメントをする人もいた。

 一方で、この試合で実況を務めた佐藤義朗アナウンサーには、「ありがとう」の声が寄せられた。イチローが8回裏に交代を告げられ、右翼の守備位置からベンチへ引き上げた場面でのこと。球場中が大歓声に包まれ、イチローが他の選手と抱き合う中、佐藤アナは終始無言を貫いたのだ。

 一言も喋らず、会場の音声だけを届けた佐藤アナは、イチローがベンチへ退いたあと、「同じ国に生まれ、同じ時代を生き、この瞬間に立ち会えたことに感謝したいと思います」と一言だけコメントした。

 無言だった時間は約4分。この長い時間、視聴者のために一言も発せず、感動を演出するような派手なコメントもしなかった佐藤アナには「その判断と勇気に敬意を表したい」「最高の実況でした」「会場の雰囲気、イチロー選手の表情などを沈黙で伝えた」「平成最後の名実況だ」と称賛のコメントが寄せられた。

 批判も称賛も寄せられた今回の日本テレビの野球中継。「最後まで中継せず、BSやCS、ネットに後を任せるのは、地上波の時代の終焉を感じる」「地上波の存在価値とは」という言葉も、インターネット上からは聞こえたが、この言葉が全てを表しているようにも思える。野球中継の在り方を考えさせられる1日だったと言えるだろう。

関連記事
「虚無感でいっぱい」イチロー引退でオリックス・田口壮コーチが労いのコメント
絶不調で開幕に臨むイチロー 3度目の“逆転劇”はあるのか?
イチローグッズが東京ドームで爆売れ!人気の理由は「これが最後」だから?
東京ドームはイチロー歓迎ムードも、今後はマイナー落ちの可能\性が
岩隈の日本帰還を巡って激突!イチロー対石井GM

スポーツ新着記事

» もっと見る

日テレのイチロー会見・試合中継“強制終了”に批判殺到の中、勇気ある「名実況」に大喝采

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP