葉加瀬マイ 2018年11月29日号

NHK紅白歌合戦 タモリ総合司会とSMAP出場の全舞台裏(1)

掲載日時 2016年09月22日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2016年9月29日号

NHK紅白歌合戦 タモリ総合司会とSMAP出場の全舞台裏(1)

 NHKの籾井勝人会長もこの一報には、思わず頭を抱え込んでしまったという−−。今年の大晦日に催される『第67回NHK紅白歌合戦』の総合司会者を打診していたタモリ(71)を、あろうことか怒らせてしまったというのだ。
 「タモリさんは『話が違うね。そんなんだったら、俺はやらないよ』と関係者を一喝したそうです。一瞬、サングラスから透けた目はいつものような優しい目ではなかった。眼光鋭くデスクの一点を見つめたまま…。同席させられた『ブラタモリ』の親しいスタッフやマネージャーでさえ、声を掛けるのを躊躇うほどだったんです」(業界事情通)

 『お笑いBIG3』の一角として芸能界に燦然たる影響力を誇ってきたタモリだが、素顔は温厚な性格で知られる業界でも数少ない人格者の1人だ。そのタモリを激怒させてしまったのだ。

 NHK幹部連が狼狽するのも無理はない。タモリへの失態は今回で2度目のことなのだ。
 「昨年の紅白の総合司会をオファーしたときも、内諾を得ながらも最後はタモリにドタキャンされるヘマをやらかしているんです。表向きはタモリのスケジュールが埋まっていたということになっているが、実際は一部スポーツ紙に内定情報をスッパ抜かれるという情報漏れ。結果、事務所の不信感を買い、そのまま白紙となってしまったんです。その後は『ブラタモリ』のスタッフ等がそれこそ死ぬ思いをして、タモリや所属事務所との信頼を回復し、現在に至るわけです」(芸能プロ関係者)

 昨年の反省からか、当然ながら今年の紅白歌合戦に限ってはNHKサイドからは何の情報も漏れ伝わってこない。タモリとNHKの間に一体何があったのか。

 「キーワードはSMAPです」と語るのはNHK番組関係者。
 現在、NHKサイドは年内で解散するSMAPを紅白の大トリに起用する方針を固めているという。ところが、ここである大問題が発覚したのだ。
 「SMAP出演に関し、紅白スタッフが誰もジャニーズサイドから言質を取っていなかったことが発覚したんです。確認するすべてが立ち話程度の雑談。しかも、突き詰めるとSMAPの大トリは関係者の願望とか思い込みのレベルだった。現在、水面下で必死になってSMAPに出演してもらうべく、ジャニーズに交渉しているが、なかなか話が上手く進まないのが現状なんです」(同)
 9月8日の定例会見で籾井会長はSMAPの出場について「出てもらいたい」と話し、自ら「説得してもいい」という意気込みを語っている。

 しかし、一方のジャニーズ事務所にとってSMAPは今や完全な“オワコン(終わったコンテンツ)”扱いなのだ。8月に解散を正式発表した時から、SMAPの存在をなかったことにしようという態度があからさまだった。
 「SMAPは事務所に反旗を翻し、退社した飯島三智氏の忘れ形見。SMAPの存在自体がジャニーズ事務所の結束に害を及ぼすと考えているからです。現時点では事務所の某幹部も『現状、(紅白出演は)100%ないわ』と断言している。すでに数々の音楽特番や25周年コンサート、パラリンピック応援サポーターなどを辞退しているんです。紅白だけ特別扱いはできませんよ」(ジャニーズ関係者)

関連タグ:SMAP解散 NHK紅白歌合戦


芸能新着記事

» もっと見る

NHK紅白歌合戦 タモリ総合司会とSMAP出場の全舞台裏(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP