菜乃花 2018年10月04日号

女子アナ「おんな城主」 2017戦国絵巻(3) 福田典子、鷲見玲奈、有働由美子、杉浦友紀

掲載日時 2017年01月07日 18時00分 [女子アナ] / 掲載号 2017年1月5・12日合併号

【テレビ東京】

 『モヤモヤさまぁ〜ず2』出身の大江麻理子アナ、狩野恵里アナの人気が高位安定しているのがテレビ東京。この流れからすると、『モヤさま』の三代目アシスタントとなった福田典子アナ(25)も、将来のエース候補と期待されていることは間違いないだろう。
 「彼女があまり知られていないのは、'16年6月に福岡県のRKB毎日放送を辞め、テレ東に中途採用されたばかりだったから。華やかなルックスとモデルばりのスリムボディーの持ち主で、いかにもオヤジ受けしそう。同番組のアシスタントは、三村マサカズのセクハラから逃れることはできませんから、今後、どんなエッチなイジメを受けるのか期待は高まるばかり。すでに、特技がバレエだと知った三村に、Y字開脚をさせられていましたね」(同)

 この福田アナの大抜擢が面白くないのは、'13年入社と、女子アナとしてのキャリアでは同期に当たる、鷲見玲奈アナ(26)だろう。
 「正統派の美人にして、グラビアアイドルにも負けない爆乳を併せ持ち、アイドルアナとしての地位を確立してきた鷲見ですからね。福田の『モヤさま』抜擢という、強烈な“横入り”に納得できるはずはありません」(番組関係者)

 しかし、鷲見アナの優位はそう簡単には動かないだろう。
 「テレ東には、大橋未歩アナという偉大な“パイ”オニアがいますが、その大橋と比較にならないくらい、鷲見アナのバストはド迫力。『ウイニング競馬』では、毎回が彼女の“ヨコチチ祭り”。机の下では見えそうで見えない股間でも楽しませてくれました」(前出・女子アナウオッチャー)

 先日、鷲見アナの『ウイニング競馬』卒業が発表され、悲しみの声が上がっているのを見ても、その人気ぶりが分かるというもの。
 「ただ、福田アナは福岡時代にホークス担当で、優勝祝勝会で誰よりもビールまみれになった根性の持ち主でもありますから、油断はできませんよ」(同)

 いずれにせよ、この2人が主人公になっていくことは間違いなさそうだ。

【NHK】

 そして最後、柴咲コウ主演の大河ドラマ『おんな城主 直虎』が楽しみなNHKにも触れないわけにはいかないだろう。
 「カギを握るのは、有働由美子アナと、妊活に入ると言われる杉浦友紀アナのフリー転身の噂。これが現実のものとなれば一気に新陳代謝が進むことになる」(芸能ジャーナリスト・渡邊孝浩氏)

 では、この2人に次ぐ「おんな城主」の候補は誰か。
 「ポスト有働の最右翼は、『ブラタモリ』で人気者となり、現在は夜のニュース『ニュースチェック11』のメーンキャスターを務める桑子真帆アナ(29)でしょう。ポスト杉浦は、リオ五輪の現地キャスターを務めた『おはよう日本』の森花子アナ(32)、卓球女子代表の銅メダルに涙したことが話題になった上原光紀アナ(25)らの名前が挙がっていますが、清楚なルックスに注目が集まった森アナが一歩リードしています」(同)

 麗しの女子アナたちから目が離せそうもない。

関連タグ:女子アナ2017戦国絵巻

女子アナ新着記事

» もっと見る

女子アナ「おんな城主」 2017戦国絵巻(3) 福田典子、鷲見玲奈、有働由美子、杉浦友紀

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP