菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 仲間由紀恵(32) ベッドでは露出的なセックス

掲載日時 2012年08月06日 12時00分 [エンタメ] / 掲載号 2012年8月9日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 仲間由紀恵(32) ベッドでは露出的なセックス

 女優・仲間由紀恵が主演する7月期の連続ドラマ『ゴーストママ捜査線』(日本テレビ系)が、15.2%(第1話)の高視聴率で好スタートをきった。

 売れっ子女優のわりには、これまであまり浮ついた噂のない彼女。多淫多情の相がいくつもある一方で、それを抑える強い要素も備えている。その一つが、長くて直線的な眉だ。
 長い眉は育ちの良さ、気立ての良さの現れで、一般的には良相。生家との縁が強く、嫁ぎ先や新しい環境に馴染みにくい暗示があり、それがセックス面にも出る。特に彼女の眉は過ぎるほど長く、マイナス要因のほうが強い。
 しかも彼女は直線眉で、女性でこの眉相はマジメで辛抱強いのだが、ムードのある愛情表現にうとく、はっきりいって野暮。セックスの機微に鈍感だ。
 直線眉の妻を持った夫は浮気に走る、といわれるのは、主婦としてはしっかり者でも、家庭生活や夜の営みに味気がないから。
 また、直線眉妻は夫の浮気には厳しいとあって、男にとって家庭は癒しの場とならない。

 額が広く、耳の廓(内側の部分)が出っ張っていて、知恵者だが頑固で強情。周囲の男性にとっては、SEX診断チャートの数字のわりには身の堅い、手厳しい印象になる。
 涙堂(下瞼)に張りがなく、時にくすんだ気色の出ることの多い。田宅(上瞼)も狭く、性感、性欲ともにおとなしめ。目頭に切れ込みがあり、右目頭の上瞼ラインがひしゃげていて、セックスに機略を持ち込める。自分のイメージダウンになるような恋愛やセックスはしない。
 ただ、彼女は額の生え際のラインが乱れていて悪女相でもある。これと目をつけた男には自ら色香で迫って落とす。耳の位置がやや高く、自身の肉欲にも正直なほうだ。こっそり「男遊び」をしそうな相で、【淫乱度】は「3」と観た。
 首に目立つホクロがあり、これは博愛ボクロ。鼻下も短く、男性の誘惑に乗りやすい相が揃っていて、【尻軽度】は意外に高く「4」。金甲(小鼻)の張りが良いとはいえず、唇も厚みはほどよくあるが肉付きは平凡で、【絶倫度】は「2」。
 耳の穴の下の溝は、入り口部分がやや広めなものの全体は深くて長く、【名器度】は「3」。涙堂はあげまん相、眉相と額相がさげまん相で、トータルで【あげまん度】は「2」だ。
 彼女は正面から鼻孔がやや覗き、あけっぴろげな気性で、ベッドでは露出的な性戯も厭わない。
 また、彼女のように耳の廓が出っ張っている女性は、膣の収縮が良いとされる。セックス偏差値自体は悪くなく、さらに上下の唇のバランスも良く、直線眉を化粧で弓形に作り直すだけで、恋愛運、セックス運、結婚運は一気にアップするはず。
 エロ中心に考えれば、とてももったいない現在の仲間由紀恵なのだ。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:噂の美女・劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 仲間由紀恵(32) ベッドでは露出的なセックス

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP