葉加瀬マイ 2018年11月29日号

貞淑美女タレントの性白書 名取裕子 まだまだ現役! おんな60歳エロすぎるEカップ巨乳の秘密(2)

掲載日時 2018年01月28日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2018年2月1日号

 まず、1984年に公開された映画『序の舞』(東映)。
 「明治から昭和にかけて美人画を描いて一世を風靡し、一方で“未婚の母”でもあった女流画家・上村松園役を体当たりで熱演しました。絵の師匠に力ずくで犯されるシーンでは、形のいいおっぱいを揉まれ、吸われまくりました」(ベテラン映画ライター)

 圧巻だったのは、1987年公開の映画『吉原炎上』(東映)での二宮さよ子との禁断のレズシーンだ。
 ――娼妓営業の許可が下りた初見せの夜。客の部屋から逃げ出した久乃(名取)が布団部屋へ押し込められる。そこへ九重花魁(二宮)がやって来る――。
 「今からアタシが“お職(ナンバーワン)”の意地にかけて女郎の手管を教えてやる…」

 力任せに二宮が簀巻きから上半身裸の名取を放り出すと、豊満な釣り鐘型のEカップ巨乳がこぼれ落ちる。
 赤い腰巻き姿で震える名取。それを上半身裸になった二宮が抱きすくめ、背後から隆起する乳首を焦らすように擦り付けると、名取の口元から甘美な嗚咽が上がり始める。
 「あぁぁぁ…」
 二宮が名取の首筋に押しつけた唇を徐々に這い上がらせると、次第に彼女の表情が官能的な憂いを帯び始める。
 「あ、ぁぁぁ、はぁぁ…」
 やがて、長く赤い二宮の舌先が耳の穴深くに差し込まれ、淵に沿ってなめだすと甘い吐息が上がり、舌を入れての淫靡で背徳的なキスが交わされるのだ。

 そして、横たわる名取のおっぱいを唇で愛撫し、徐々に突起しだしたピンク色の乳首を口に含む二宮。さらに、舌先で乳首を転がすと、たまらず名取は、
 「あっ、あぁっ、はぁぁ〜」
 と再び悦楽の声を上げたのだった。
 「このあと、攻守逆転のシーンもあって、2人は“本当にデキている”と噂されたものでした。1995年公開の映画『マークスの山』(松竹)でも萩原聖人相手に、ナース姿でのファックシーンを見せています。また、サラサラの陰毛も見せてくれました」(映画ライター)

 しかし、男の噂はトンと聞こえて来ない。
 「その昔は、松任谷由実の夫・正隆氏、実業家などとの関係が取り沙汰されました。また、ホストクラブでの豪遊や田村正和との銀座ランチ目撃談もあるので、決してレズビアンではないと思うんですけどね」(芸能レポーター)

 名取の理想の男性は、今は亡き高倉健さんだったという。
 「同じく健さんのファンである檀ふみと共に、勝手に“高倉健ファンクラブ”を作って、健さんの一挙手一投足にキャーキャーしている時がありました。撮影所で見た健さん、映画で見た健さんの格好のよさを語り合うという他愛のないものでした。今では、愛犬と同じ墓に入りたいと公言しているのですから、生涯独身を貫くかもしれません」(前出・芸能記者)

 そんな名取に熱い視線を送っているのが、やはりと言うべきか“ヘアヌード仕掛人”だという。
 「彼女は3、4年前、“レントゲン写真集なら”と冗談っぽく話していたことがありましたから、脈は大ありです。熟女ブームが続く中、億単位のビジネスになっても、十分ペイはできる(採算は取れる)と思います」(大手出版社幹部)

 期待に股間、いや、胸はふくらむばかりだ。

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 名取裕子 まだまだ現役! おんな60歳エロすぎるEカップ巨乳の秘密(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP