彩川ひなの 2018年7月5日号

元SMAP3人衆に殺到する地上波キー局からの出演オファー

掲載日時 2017年11月26日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2017年11月30日号

元SMAP3人衆に殺到する地上波キー局からの出演オファー

 元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の勢いが止まらない。11月2日の21時から3日間に渡って放送された『72時間ホンネテレビ』が視聴数7200万以上という驚異的な結果を叩き出したことが判明。加えて、番組関連の総ツイート数も約508万件を超えるなど、いまだSMAP時代の人気が健在であることが立証されたのだ。こうした動きにリアクションを見せ始めたのが地上波キー局。
 「これまでキー局は古巣のジャニーズ事務所に対し、とにかく一歩も二歩も引いている感じがあったんです。香取の出演が決まった日本テレビの『全日本仮装大賞』も、司会の萩本欽一の要望という体で同局はジャニーズを納得させており、実はキー局で堂々と元SMAPを単独で起用している局はなかったんです」(放送作家)

 ところが、今回の7200万という数字が、なかなか腰を上げなかったキー局の背中を押したという。
 「ここだけの話、3人が所属する『カレン』にはオファーが殺到している。日テレやテレビ朝日、TBSなどが出演企画を手に、飯島三智氏に連絡を取っているような状態」(芸能事情通)

 気になるのは出演料。
 「以前はSMAP時代の2〜3割引きで応じていたが、ここにきて、一気に強気攻勢に出ているんです。ゴールデン&プライム帯だとバラエティーで1本当たり120万円〜。フジテレビから3人をメーンにした企画も来ている。年末年始にかけてビッグニュースが飛び出すはず」(芸能プロ関係者)

 今回、最大の恩恵を授かったAbemaTVも次の企画に向けて動き出したという。
 「年末年始の特番と、レギュラー番組へのオファーを始めた。ギャラは言い値でいいと言っているから驚きです。3人でとりあえず500万円〜という金額が広告代理店から出てきたそうです」(芸能プロ関係者)

 一時は先細りが懸念された元SMAP3人組。どうやら杞憂だったようだ。

芸能新着記事

» もっと見る

元SMAP3人衆に殺到する地上波キー局からの出演オファー

Close

▲ PAGE TOP