「辺野古滑走路」1兆円超利権に色めき立つ永田町界隈と闇組織の綱引き

政治・2014/09/01 13:00 / 掲載号 2014年9月11日号

 米軍普天間基地の移転先である沖縄県名護市辺野古では、ついに8月18日にボーリング調査が開始されたが、この大工事の利権が注目されている。
 「計画では基地の広さは160ヘクタール。ここに1200メートルの滑走路2本と41カ所のヘリ離着場及び軍港が建設される予定なのです。すでに10トントラック350万台分といわれる埋め立て土砂も、全国から集められる手はずになっている。建設費用も当初の5000億円から1兆5000億円程度に跳ね上がり、完成には10年の歳月が見込まれているのです」(地元の建設業者)

 そのため、以前からゼネコンや海洋土木業者らが鵜の目、鷹の目。「その利権を狙っている」と評判だったが、ボーリング調査が始まる前後からは、具体的な噂が飛び出し始めているのだ。
 「それが水面下で蠢く政治家名なのです。現地では野中広務元自民党幹事長や、防衛利権で騒がれた久間章生元防衛相、新党大地の鈴木宗男代表の名前まで飛び交っている。また、沖縄で実家が建設業を営む下地幹郎元国民新党幹事長や、果ては沖縄及び北方対策の特命相の経歴を持つ、前原誠司元外相の名前も挙がっているのです」(現地に詳しい経営コンサルタント)

 さらに、一方では仲井眞弘多沖縄県知事にも「巨額のキックバック説」が浮上しているが、同時に闇組織の参入も現地住民らの噂になっているのである。
 基地移設を追うジャーナリストがこう語る。
 「現地では、埋め立ての土砂を搬入する中間業者にも暴力団のフロント企業が参入しだしているという。そのため、現在は噂程度の政治家の暗躍とバッティングすれば、いずれ大きなスキャンダルが噴出する可能性も少なくないと見る者がいるほどです。また、11月の沖縄県知事選に出馬する移転反対派の翁長雄志那覇市長のもとには、利権から外され始めた輩が結集しつつある。利権奪還を求めて、今後熾烈な攻防戦が展開することは確実です」

 莫大な利権が絡む基地移転には、きな臭さがプンプン。今後、思わぬ醜聞が噴出しそうな雲行きだ。

関連記事
政治新着記事