RaMu 2018年12月27日号

エアフェスタ浜松

掲載日時 2018年12月01日 08時30分 [エンタメ] / 提供元 リアルライブ

エアフェスタ浜松

 静岡県浜松市の航空自衛隊浜松基地で25日、エアフェスタ浜松が開催され、約13万人が訪れた。松島基地に所属する曲技飛行チームのブルーインパルスも参加し、秋晴れの空の下、アクロバット飛行のほか、星やハートを描く「スタークロス」、「バーティカル・キューピッド」などを披露し、ブルーインパルス発祥の地でもある浜松基地の空で来場者を沸かせた。

 エプロン地区では2019年ラグビーワールドカップ日本大会をPRしようと、大会ロゴマークやマスコットキャラクターのデザインを機体に施した練習機が展示された

 基地上空では岐阜基地所属のF15戦闘機・F4戦闘機などが展示飛行を行い、地元浜松基地所属のT4練習機も編隊飛行で富士山を表現して会場を沸かせた。

関連記事
小松基地の「‘2018航空祭in KOMATSU」
松島基地航空祭
「海フェスタにいがた」でブルーインパルスが展示飛行を披露
静浜基地航空祭2018年
飛行隊「ブルーインパルス」が四年ぶりに登場

エンタメ新着記事

» もっと見る

エアフェスタ浜松

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP