菜乃花 2018年10月04日号

工藤静香が立ち上げるジャニーズ婦人会(2)

掲載日時 2017年02月03日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2017年2月9日号

工藤静香が立ち上げるジャニーズ婦人会(2)

 さらに、女優のメンツを潰されてしまったのが、ヒロインの竹内結子。
 「2人は元恋人同士でかつて結婚を約束した間柄。当初、台本には再開した2人に再び恋の炎が燃え上がり、接吻というシーンがあったんです。竹内サイドも了承していたにも関わらず、木村サイドからNGが出た。『ゲス不倫』を想定させ、木村のイメージが悪くなるという理由です。これには制作陣はもとより、竹内サイドからもクレームが出た。ドラマですからね。そもそも、木村は40半ばのオッサン。俳優としてキスを拒絶する意味が理解できない」(芸能プロ関係者)

 独立騒動の際は“裏切り者”、そして解散後は“嫌われ者”になった木村を支えるのが、またしても妻でタレントの工藤静香(46)だ。
 「万が一、ドラマがコケても大丈夫なように海外移住を計画している。ジャニーズの許可も得ている。得意の英語を活かし、海外のエージェントとの接触を始めているんです」(配給会社プロデューサー)

 さらに、幹部候補生の木村がジャニーズ事務所内で権勢をふるえるよう、裏工作にも抜かりはないという。
 「仲のいいメリー喜多川副社長に対し、新たな組織を設立すると売り込んだそうだ。メリーさんは“所属タレントの結束が強まるなら”と二つ返事でOKを出したというんです」(ジャニーズ事情通)

 現在、ジャニーズ事務所を巡っては、SMAPの解散や所属タレントの下半身スキャンダルが相次ぎ、事務所の体制は崩壊寸前。
 「今後も木村を除く中居正広、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛の独立や岡田准一と宮崎あおい、大倉忠義と吉高由里子の結婚、V6解散などの問題が山積している。ジャニーズ幹部の頭を悩ませているのが、バラバラになりつつある所属タレントの結束力です。静香はまさにこの欠点を補うため、ある提案を行ったんです」(制作会社幹部)

 それは“ジャニタレ婦人会”の結成だ。結婚しているジャニタレ限定で、その妻らと積極的に交流を図り、夫を支える互助会組織を立ち上げるというのだ。
 「メンバーは井ノ原快彦の妻の瀬戸朝香、長野博の白石美帆、東山紀之の木村佳乃が中心となる。他は芸能人ではないが、風間俊介、国分太一、近藤真彦の嫁らも参加予定。静香はもちろん、婦人会の初代会長としてジャニーズ帝国の繁栄に力を注いでいくというんです。ゆくゆくは独身のジャニタレのお見合いや、私生活の相談などにも活動を広げていくそうです」(同)

 木村は、ドラマが大コケしても安心の“A LIFE”が待っている。

関連タグ:木村拓哉

芸能新着記事

» もっと見る

工藤静香が立ち上げるジャニーズ婦人会(2)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP