美音咲月 2019年7月25日号

“絶対君主制”…ついに一門から“糾弾”された桂文枝

掲載日時 2018年02月25日 13時20分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

“絶対君主制”…ついに一門から“糾弾”された桂文枝

 56歳の日舞の先生をしている女性との不倫疑惑ならびに、公募された新演芸場の命名をめぐり、その女性に応募させ命名者にした“ヤラセ疑惑”が報じられている落語家の桂文枝。文枝が一門の落語家から“糾弾”されていたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社、3月1日号)が報じている。

 騒動発覚後、文枝は同誌のインタビューに応じ、2時間にわたり反論。その後、1月29日に大阪市内で行われた落語会の終了後、集まった報道陣に対応し「ご迷惑をおかけした」と謝罪していた。疑惑に対しては肯定も否定もしていない。

 「文枝といえば上方落語協会会長をつとめる大物で、所属事務所はテレビ各局に絶大な影響力があります。そのため、関西圏でこの騒動はほぼ“スルー”されていました」(関西の芸能記者)

 そんな中、同誌によると、文枝を“糾弾”したのは、同門の「甥」にあたる関係の桂文鹿。

 文枝が謝罪した翌日の1月30日、自身のフェイスブックを更新。「絶対君主制が染み付いた現在の上方落語協会」と体質を批判。「一般企業なら即会見を開き、経営トップが揃って頭を下げ、経緯の説明と今後の危機管理、場合によっては後任人事の対応と発表を迫られるはず」と、文枝が会長の座に居座り続ける同協会を真っ向から批判した。

 さらには、「師(=桂文枝)の功績は絶大だが、それと疑惑を看過するのはスジが違う」と怒りをあらわにしたのだ。
「今回の件に納得がいかなかった一門の人間も多かったようだが、文枝師匠の逆鱗に触れるのが怖くて誰も物申せなかった。決死の覚悟をもって糾弾した文鹿に続いて声を上げる落語家や関係者が出てくればいいのだが…」(同前)

 とはいえ、このままだと文枝会長の地位がそう簡単に揺らぐことはなさそうだ。

関連記事
ようやく謝罪した桂文枝
再度不倫発覚でも降板がなかった桂文枝
W不倫報道のフジ・秋元アナ、異例の前倒し異動 表\舞台から去る?
「喜楽館」の名称ヤラセ疑惑が浮上で大ピンチの桂文枝 『新婚さんいらっしゃい!』も降板か
何かがおかしい…小泉今日子不倫宣言報道の裏側

芸能新着記事

» もっと見る

“絶対君主制”…ついに一門から“糾弾”された桂文枝

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP