中島史恵 2019年6月6日号

加藤浩次、騒動をうやむやにするNGT運営に怒りの反論「これじゃもうダメ」「時代は変わってきている」に称賛の声

掲載日時 2019年04月22日 12時35分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

加藤浩次、騒動をうやむやにするNGT運営に怒りの反論「これじゃもうダメ」「時代は変わってきている」に称賛の声

 山口真帆の卒業という最悪な形で再出発を図ろうとしているNGT48。極楽とんぼ加藤浩次が22日の『スッキリ』(日本テレビ系)で、運営側に怒りの反論をした。

 21日夜、山口は卒業の挨拶でこう述べた。「社長には『不起訴になったことで事件じゃないということだ』と言われ、そして『今は会社を攻撃する加害者だ』とまで言われている」と爆弾発言。さらに、「目をそらしてはいけない問題に対して、『そらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない』というのが、このグループの答えでした」と、涙ながらに訴えたのだ。

 そんな運営側のパワハラとも思える対応に、加藤は「『お前が黙っていたら、みんな知られないで活動できる。黙っているだけでいいんだ』『またお前、Twitterとかで言うんだろ。黙ってろよ』と、僕は聞こえてしまう」とコメント。

 その上で、「俺、これじゃもうダメだと思う。時代は変わってきているし。こういったことがない組織にするための努力をしていかないと、何も始まらないし、応援しているファンも納得しないし」と不満をぶつけたのだ。

 躊躇なく運営側を糾弾する加藤に、SNS上では「みんなが思ってる事言ってくれた。強く言ってくれた。これじゃいけないと思う。もう、そういう時代じゃない。 はっきり言ってくれた」「これは加藤浩次さんの言ってることに尽きる」「さすが狂犬加藤浩次、ちゃんと突っ込んでいる」と称賛の声が巻き起こっている。

 さらに、加藤は「(残るメンバーも)新体制で頑張ろうとしている会社側、運営側の考え方を聞かなきゃいけない。でも、それが続いていくのは負のスパイラルでしかない」と、今の幹部では、グループを脱退するも地獄、残るも地獄であることを示唆していた。

 いずれにせよ今は、山口真帆の未来が幸多いことを祈るしかない。

関連記事
NGT山口真帆が親友と「道連れ卒業」 ファンからは“日本の恥”、新潟県は“起用見合わせ”で未来はある?
秋元康のガールズバンド新番組、小籔の“吉本新喜劇”哲学が勉強になる?
NGT山口の劇場公演の出演決定、卒業が心配される 運営から提示された好条件とは
NGT山口真帆のグッズ、製造中止? 本人は「持ち帰りになった回答はいつ」投稿に“いいね砲”
欅坂46、元メンバーへのイジメ発覚か もはや人気ダウンは防げない?

芸能新着記事

» もっと見る

加藤浩次、騒動をうやむやにするNGT運営に怒りの反論「これじゃもうダメ」「時代は変わってきている」に称賛の声

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP