彩川ひなの 2018年7月5日号

ローラ CM女王にふりかかった「濡れ場画像」流出

掲載日時 2018年01月08日 18時00分 [芸能] / 掲載号 2018年1月11・18日合併号

ローラ CM女王にふりかかった「濡れ場画像」流出

 12月6日にニホンモニター社が発表した『2017タレントCM起用社数ランキング』で、3年ぶりにトップへ返り咲いたローラ(27)が、ハリウッド女優として本格的活動を始めたという。
 「ハリウッド女優といえば聞こえはいいが、実際は、“ポルノ女優”としてやっていくとの話が伝わってきます。米国の女優ですら活躍するのが難しいといわれている世界。それだけに、アジア人が最初の活動の場にするのは、やはり脱ぎも含めた濡れ場が中心。あのマドンナだって、過去にはヌードで活動してきたわけですから」(映画関係者)

 ローラは'16年、映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演したが、日本受け狙いともいえる超脇役で嘲笑を買った。
 「彼女は以前から、夢はハリウッドと公言していましたから、夢が叶ったわけです。でも、もともと『バイオハザード』は、日本の興行収入目当ての映画。つまり、彼女は客寄せパンダ的な配役でした。ところが、それを勘違いしたのがローラ。ますますハリウッド志向が強まったというんです」(芸能プロ関係者)

 現在、ローラは所属事務所と契約をめぐって揉めている真っ最中。一方的に独立し、一部関係者には新事務所設立も連絡している。
 「契約内容が実質20年契約だとしてローラは怒り心頭。『奴隷契約』とまで言い放った。なんでも、所属事務所としてはローラのハリウッド進出は無理だと反対していたのに、本気で米国進出を主張するようなったとか。方向性も対立するばかり」(スポーツ紙記者)

 12月21日放送のTBS系『ネプ&ローラの爆笑まとめ!2017』にMCとして久々にテレビ出演したが、現在、ローラはCMでしか見ることができない。
 「彼女はロサンゼルスに自宅を物色し、最近決まったようです。そこを拠点に活動を開始。映画を中心に交渉中だそうですが、内容は伝わっていません」(同)

 そんな中、こんな情報が浮上。
 「ローラによく似た女性の濡れ場写真が流出中です。彼女は欧米系顔ですが、地黒でアジア系。ハリウッドでは最近、有力者との枕営業で役をもらうのが問題になっている。ローラの私的写真、もしくはプロモーション用の濡れ場写真の可能性はゼロではない。もし違っても、流出写真のように濡れ場で仕掛ければ、勝算はあるかも」(映画ライター)

 本番映画もOK?

芸能新着記事

» もっと見る

ローラ CM女王にふりかかった「濡れ場画像」流出

Close

▲ PAGE TOP