彩川ひなの 2018年7月5日号

話題の1冊 著者インタビュー 今野敏 『マル暴甘糟』 実業之日本社 694円(本体価格)

掲載日時 2017年11月26日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年11月30日号

話題の1冊 著者インタビュー 今野敏 『マル暴甘糟』 実業之日本社 694円(本体価格)

 ――週刊実話で連載した単行本も重版となり、今度は文庫本での発売となりましたが、表紙がガラッと変わりましたね。

 今野 文庫本化するにあたって、コミカルな感じを出してほしいとリクエストしました。主人公の甘糟のイメージが出ている表紙ですよね。色も黄色で手に取りやすいと思いますし、単行本とはまるで違うので、違う作品と思われるかも知れませんが、1人でも多くの人に手に取って気軽に読んでもらいたいです。

 ――舞台の設定が東京・綾瀬というのは、どうしてでしょう?

 今野 そんなに土地勘がある訳ではないんです。語呂かなぁ(笑)。実際の綾瀬より下町っぽいですね。架空じゃないけど、架空であるパラレルワールドみたいなものです。

 ――主人公の甘糟は、刑事にしては弱腰で刑事らしからぬキャラクターですが…。

 今野 甘糟は、任侠シリーズの脇役だったんです。警察ものというと、いかにも、という人物が多い。実際にこんなのもいるんではないかと思うんです。嫌々やっているというような。サラリーマンとか営業が向いていないのにやらされている、お金もらうために仕方なく仕事している人も多いと思うんです。自分も実際、会社員のときは宣伝部にいたんですが、嫌々やってたんです(笑)。引っ込み思案で、人見知りなので、人と会うのが苦痛だったんです。それなのにどんどん人と会わなければならない。仕事には向き、不向きがあると思うんですけど、自分の好きな仕事をやれる人は少ないでしょう? だから、そんな人たちに読んでもらいたい。

 ――今野先生自身の経験からきているんですね?

 今野 どんな作品にも自分が反映されているんです。こんな人になりたいという憧れだったり、経験だったり、自分が共感出来るものでないと書けないですから。

 ――今野先生は、作家の他に空手道場を主宰し、フィギュア作家でもあり、ご自身でレーベルもやって大忙しです。時間がないのでは?

 今野 空手は稽古日が1週間のうち決まった日にやるし、フィギュアは執筆が終わった夜に制作しています。時間配分のパターンが出来ているので大変なことはないです。

 ――レーベルもお持ちですが、ジャズ中心なんですか?

 今野 ジャズが好きなのでジャズは多いです。ミュージシャンは超一流の方に演奏してもらっています。あと、女性ボーカルとか面白ければ何でも出します。個人レーベルなので自分自身が気に入ったものです。これはもう、道楽です(笑)。

今野敏(こんのびん)
1955年、北海道生まれ。上智大学在学中の'78年に『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。レコード会社勤務を経て、執筆に専念する。さまざまなタイプのエンターテインメントを手掛け、特に警察小説の書き手としての評価が高い。

●今野敏先生のレーベルはこちら
http://www.78label.com/

関連タグ:著者インタビュー

エンタメ新着記事

» もっと見る

話題の1冊 著者インタビュー 今野敏 『マル暴甘糟』 実業之日本社 694円(本体価格)

Close

▲ PAGE TOP