菜乃花 2018年10月04日号

プロ野球キャンプ地獄耳情報 巨人、阪神、広島、日本ハム、ソフトバンク(2)

掲載日時 2017年02月19日 16時00分 [スポーツ] / 掲載号 2017年2月23日号

 “見えない敵”と戦っているのが、パ・リーグ覇者の栗山英樹監督(55)だ。大谷翔平が正式にWBCメンバーから外されたが、日本ハムは宮西尚生、増井浩俊の2投手の他、中田翔、大野奨太の2野手も送り出す。
 「決勝まで進めば、開幕1週間から10日ほど代表入りした投手は使えません。疲労、WBC公式球とNPB公認球の違和感の払拭に時間がかかるのです」(前出・関係者)

 2投手2野手を送り出すのはライバル・ソフトバンクも同じだが、選手層の厚さが違う。ソフトバンクは「スペア要員」が待機している。しかし、栗山監督が心配しているのは選手層のことではない。
 「昨秋の強化試合でソフトバンクの千賀滉大がヒザを痛めました。原因はWBC仕様の固いマウンドです。ボールも滑るし、国際試合が原因で投手が故障するとの懸念が各球団にはあるようです」(同)
 「投手では辞退」と表明させ、代表漏れに仕向けたのは大谷を故障させたくない日ハムの作戦か…。宮西、増井も「固いマウンドと滑るボール」の対策を進めてきたが、その分、NPB公認球の感触を失った。

 「中田翔も飛距離の出ないWBC球に喘ぎ、スイングが力任せになりつつある」(取材記者)
 昨季39ホールドの宮西、同10勝の増井に加え、中田にも影響が出れば、たとえ大谷が無事でも日ハムの連覇は厳しいだろう。

 「ソフトバンクのキャンプは、いい意味で大人しい」(別の現地記者)
 工藤公康監督(53)は昨季、終盤で逆転を許した。今季は3年契約の最終年だったが、2年延長された。シーズン途中での契約延長は珍しくないが、キャンプ直前の1月20日は、異例中の異例と言える。
 「12球団ダントツの戦力を持つチームだけに、スタートダッシュに失敗しただけで、選手、周囲がざわつくでしょう。WBCの小久保裕紀監督も大会終了と同時に退任するので、出身チームの不調はあらぬ憶測も飛び交うかもしれない。工藤監督の統率力に影響するのを恐れて、異例の延長契約になったと思う」(関係者)

 WBC招集投手の代わりは松坂大輔が務める予定だ。その松坂に勝ち星が付けば、工藤監督に対する印象はさらによくなるだろう。
 「故障で別メニューとなった阪神・糸井嘉男は『チームに馴染めるか?』と不安がっています。自ら各選手の部屋を尋ね、挨拶をしています」(トラ番記者)
 実績のある糸井が気を遣うのは、チームごとに関係性、人脈があることを知っているからだ。

 WBCの影響をいかに少なくし、主力選手のプライドを傷つけずに戦えるか――。
 それができた監督が、ペナントレースを制する。

関連タグ:野球

スポーツ新着記事

» もっと見る

プロ野球キャンプ地獄耳情報 巨人、阪神、広島、日本ハム、ソフトバンク(2)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP