葉加瀬マイ 2018年11月29日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 極太ペニスをバックから挿入され…犯されている感じが新鮮で即イキ!

掲載日時 2018年07月31日 23時00分 [官能] / 掲載号 2018年8月9日号

(郁美さん=仮名・21歳・OL)

 彼氏からプレゼントされた浴衣を着て、近所のお祭りに出かけました。すると、熱帯夜と人混みのせいで汗びっしょりになってしまいました。でも、お尻のあたりだけがなぜかスースーするんです。
 何気なく触ってみるとダイレクトに肉の感触が! なんと、大きな穴が開いていたんです。浴衣を着る時は下着をつけないのがルールだと聞いていたので、お尻が丸見えです。
 「そうか。おまえは尻に汗をかくタイプなんだな」
 実は、彼がプレゼントしてくれた浴衣は水で溶ける素材だったんです。周りの人たちはみんなクスクス笑っています。
 「こういうの、興奮するだろ? 俺んち来いよ。この勢いでエッチしよう」
 私の腕をつかんだ彼の手を思わず払いのけました。
 「あんたなんか最低よ!」

 私は1人で暗いほうへと走りました。でも、興奮してたのは事実。みんなにお尻を見られたと思うと愛液がドッと溢れちゃってた。
 だけど、家に帰るにしてもこの格好では無理です。どうしようかと悩んでいると、背中にフワッと何かが掛けられました。
 「そんな姿でうろちょろしてたら悪い男に襲われるよ」
 そう言ったのは知らない男性でした。その人、自分が着ていたシャツを私に掛けてくれたんです。

 「私のお尻、見たの?」
 「ああ、きれいな桃尻だ」
 「ああぁん、恥ずかしい。それなら、あなたの恥ずかしい場所も見せてよ」
 「これでよければどうぞ」
 彼がズボンを下ろすと、ペニスはもうビンビン。
 「欲しくなっちゃったわ」

 私はその逞しいモノに食らいつきました。もともとそのつもりだったのでしょう、彼は全然抵抗しません。それどころか「口よりこっちに」と、私に後ろを向かせるんです。
 シャツがはらりと落ちると、お尻が剥き出しです。
 「ほんと、エロい浴衣だな」
 そう言うとバックから一気に挿入してきました。
 「はっああぁぁん」
 私の喘ぎ声が暗闇に響きます。すると、人が来るのを恐れたのか彼は手で私の口を塞ぎ、腰の動きを激しくするんです。その犯されているって感じが新鮮で、私はすぐにイッちゃいました。

 結局、その人の大きなシャツを羽織って家に帰ったのですが、連絡先を聞きそびれちゃって…。また会うためには、エロい格好をして出歩かないといけないかなと思っているんです。
(書き手・柏木春人)

関連タグ:女のSEX告白

官能新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 極太ペニスをバックから挿入され…犯されている感じが新鮮で即イキ!

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP