菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 永島優美(25) 浮気には寛大な絶倫アナ!?

掲載日時 2017年04月17日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年4月20日号

 今回取り上げるのは、フジテレビアナウンサーの永島優美さん。現在、朝の情報番組『めざましテレビ』のメーンキャスターを務めている。
 眉間が狭く、田宅(上瞼)も狭く、目鼻眉の寄った険相ながら、良相の持ち主で、頬骨の張りがほどよく、長めのしっかりとした鼻に、出っ張ったアゴ先と、積極性と気の強さを備えた、仕事向きの女相だ。

 特徴的な、黒々とした太くて濃い吊り上がりの地眉を、最近は細く、短めに整え、色も薄く作るようになって、女性的な相に変化してきた。
 目を惹く美貌ながら浮いた噂が出ないのは、顔相で判ずる限りでは、性愛のポテンシャルが低い上に、ガードが固過ぎるゆえか。

 彼女は性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛が生えているあたり)の張りが年齢のわりに弱く、目の周囲の気血色(色艶)がよくない。
 唇は上下ともほどよく厚みがあるも、端正に整ってスキがなく、眼光も水気は含むも余計な艶や媚がない。美貌が人形美的で、男性の淫心を煽りづらい。
【淫乱度】は高くなく、「3」寄りの「2」。

 口は一見、大きくない印象だが、アゴの骨格が大きく、歯列のU字も広くて、門歯が大きい。生命力は旺盛で肉体的にもタフ。金甲(小鼻)の張りは平凡ながら、強い地眉が補っており、心身両面で強靭さを備えている。
 【絶倫度】は「3」寄りの「4」と高く、ベッドに上がれば回数をこなせるも、(歯相と眉相より)ムードに欠けるのが男性側には残念。

 膣道の断面と一致するとされる、耳の穴の手前にある溝が平凡ながら、眉間が狭く、目間もやや狭で、先天的名器度を挽回している。後天的名器度が現れる、口元の肉付きは中レベルも、締まりはよく、口角(唇の両端)も上がっている。
 トータルで観て、【名器度】は「3」。
 おとなしい臥蚕とすっきりした口元があげまん要素ながら、金甲相がマイナスで、への字形の強い眉が大きく足を引っ張り、【あげまん度】は「2」。

 彼女はこれといった尻軽相がなく、しいて言えば短い人中(鼻の下の縦溝)くらい。強い眉相やしっかりした鼻など、抑制力のほうが断然強く、異性の誘惑になびかない。
 【尻軽度】は「1」と極めて低く、表現を変えると、美人なのになぜかモテない、男縁を逃しがちな相だ。

 彼女は肩幅が広く、首が太めで、腰回りが華奢な、典型的な筋骨質の体格をしている。こういう女相は、気質が男性的なせいか、夫や恋人の(肉体的な)浮気には寛大だ。
 この観たての的中率はけっこう高く、仕事もデキる彼女を妻やステディーな恋人にできた男性は、かなりの果報者と言えるが…。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 永島優美(25) 浮気には寛大な絶倫アナ!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP