日本ハム・大谷囲い込みで巨人が狙う侍ジャパン利権

スポーツ・2014/07/24 15:00 / 掲載号 2014年7月31日号

 スポーツ紙ではあまり大きく報じられなかったが、七夕の7月7日に開かれた恒例のプロ野球オーナー会議で興味深い決議があった。野球日本代表『侍ジャパン』の事業を担う株式会社を設立し、シーズンオフの11月をめどに役員や運営方法を決めるのだという。
 「サッカー日本代表がW杯でズッコケたから、大手広告代理店がプロ野球に乗り換えた、という構図ではありません。巨人が日本ハムのスーパースター、大谷翔平を侍ジャパンに囲い込むことで、しっかり商売にあやかろうとしているのです。球界の盟主・巨人といえども、スター選手が続々育つパ・リーグに危機感を募らせているのです」(スポーツ紙記者)

 “東のドン”巨人に続いて、今季は“西の大将”阪神の人気にも陰りが見えてきた。甲子園のスタンドこそ年間指定席のおかげで埋まっているが、6月27日にNHK総合で放送された阪神-中日戦の平均視聴率はわずか6.9%(関西地区)と、こちらも危険水域に突入してきている。
 一方のパは堅調。中でも日本ハムは二刀流の大谷がいよいよ本格化。20歳の誕生日となった7月5日の千葉ロッテ戦では3番DHで先発出場して2本塁打の活躍。9日の楽天戦では今度は投手として先発出場し、被安打4、1失点の完投勝利で8勝目。自己最多、球団タイ記録となる16三振を奪い、計111三振でリーグ2位に躍り出た。
 スコアボードの表示こそ最速159キロだったが、ネット裏のメジャースカウトの計測では161キロが5球計測され、全世界に打電された。こんな集客力抜群の大谷を、指をくわえて見ているだけではもったいないとばかり、巨人がひねり出したのが『侍ジャパン』を使った大谷の囲い込みというわけだ。

 現場サイドは既に巨人の実質支配下にある。代表監督の小久保裕紀氏、プロ野球との窓口になるテクニカルディレクターに鹿取義隆氏、少年野球を束ねる12U監督には仁志敏久氏が就任している。いずれも巨人のOBだ。
 「残るは侍ジャパン株式会社の経営権。今年11月には8年ぶりに日米野球が開催され、主催はNPB、MLBと読売の共催ですが、実質的には読売です。しかし、選手を選出するのは侍ジャパン。どうしても主導権を握る必要があるのです」(日本テレビ関係者)

 当初の看板選手はヤンキースの田中将大投手だったが、右肘靭帯損傷で長期離脱が決まり、出場はほぼ絶望的といっていい。そこで100マイル投手の二刀流・大谷に主役交代することで客を呼び込み、大きく儲けようとしているのだ。
 人気頭打ちの巨人。その視線の先に“FA獲り”を描いているのは容易に察することができる。

関連記事
関連タグ
スポーツ新着記事