現代人のSEX人妻熟女にアソコの「名器」急増中(2)

官能・2011/06/22 12:00 / 掲載号 2011年6月23日号

 なるほど。つまりフィットネスジムでの内腿強化は、はからずもこの貞女筋までをも鍛えていたということになる。ではこの貞女筋、いったいどんな名器効果を発揮するのだろうか。
 「私たちはプラットホーム現象と呼んでいます。中に比べて入り口が狭くなる。もともと膣口は放出された精子を外に出さないよう閉じる役目を持っています。それが貞女筋の発達によって強化される。出産経験のある人妻は、トレーニング次第で危険なくらいの名器になりますよ」(志賀医師)

 夫と回春できたり、不倫相手のいる人妻はまだいい。だが名器とともに覚醒した肉体を持て余している人妻はどうなるのだろうか。トレーニングによって肉体は活性化する。それは同時に性欲も高める。結婚16年目の岸子さん(仮名・43歳)も、それに悩んだ人妻の一人だ。
 「どうやっても主人が勃起しなかった(笑)。真剣に『ごめん』って言われちゃった。そのとき『ゆきずりなら他の男と遊んできてもいい』とも言われたのね。ちょっと悩んだけど、まあお許しも出たことだし、我慢できないときはお出かけしてますよ(笑)」

 必要とあらば自分からナンパすることもあるという。この1年間に7人の男と寝た。おそらくはその名器に惹かれたのだろう。7人とも再会を申し出たが、まだ夫との約束は破っていない。
 「5年前に避妊用のリングを入れたのね。だから中に射精されても大丈夫。そういうのもみんな喜んでた。でも私ってイキそうなときが一番締まるみたいで、何人かには『ギャーッ』って叫ばれちゃった(笑)。なんかね、真ん中辺りで軟骨みたいのがせり上がってくるんだって」

 トレーニング開始以降、なんとなく自分でもそこが動くことに気づいていた。しかし今はまだ「無意識に中が動く」ことのほうが多いという。
 まさに現代の名器は人妻熟女にあり。そして志賀医師によると、街中でそんな彼女たちを見分ける方法があるというのだ。
 「まず基本は柳腰。しなやかにくねくねした腰を持つ太っていない女性が理想的です。そして全体的に筋肉質であること。これは男性ホルモンが多い女性の特徴で、セックスに貪欲です。だから髪の毛も多いよりは少なめがいい。そのなかで特に内腿の筋肉が発達している女性は間違いなく名器ですね。あるいは名器になれる素材。ただし、こういう女性たちを相手にするときは用心してください。私見ですが、出産経験のある40代女性の肉体はもっとも気持ちいいセックスを与えてくれます。貪欲で上手で敏感で、それでいて名器となれば男性の命を奪いかねませんからね」

 きっかけはさておき、三十路過ぎの女性たちに名器が増加しているのは嬉しい事実。特に出産経験者がそうであるなら、これはまさに大穴の逆転勝利。まずは周囲の女性たちに「尿漏れ予防のトレーニングってしてる?」と聞いてみよう。

関連記事
関連タグ
官能新着記事