菜乃花 2018年10月04日号

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 合格印をもらうために誘惑教習所教官と騎乗位セックス

掲載日時 2017年02月07日 23時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年2月16日号

(瑤子さん=仮名・28歳)

 子供ができたら、車の運転ができた方がいいからと教習所に通い始めたんです。運動神経はいい方なので、技能教習は順調でしたが、路上教習で痛恨のミス。左折する時に歩行者を轢きそうになったんです。
 慌てて教官がブレーキを踏んでくれてギリギリセーフだったんですけど、当然、「今日の単位はあげられませんね」と言われてしまいました。
 教習時間が延びるということは、余分にお金がかかるということ。私はとっさに教官の股間に手を滑り込ませました。
 「な、何をするんですか!」
 「家計が苦しくて…。補習を受ける余裕はないんです」

 教官の股間を揉み揉みし始める私。すると、ズボンの中の物が硬くなるのが分かりました。実は、その教官は何度か私の担当になったことがあり、その都度、私をいやらしい目で見ていることには気づいていたんです。
 案の定、特に抵抗しようとはしません。今度はズボンのジッパーを下げてペニスを出させ、手でしごき始めました。
 「どうですか? 私のシフトレバーさばきは?」
 「うん…上手だよ。でも、それだけじゃ合格点はあげられないな」
 「じゃあ、上手に乗りこなしてみせる」

 私はすぐ、近くにある大きな倉庫の裏まで車を移動させました。そこなら人に見られる心配はありません。まずはフェラチオでアイドリングして、エンジンが温まったところでシートを倒し、教官に馬乗りになりました。
 教官からはなんの愛撫もされていないのに、私のアソコはすでにヌルヌルです。そこに亀頭を押し当てて、ゆっくり腰を下ろしていくと、パンパンに膨らんだペニスは簡単に私の中に入ってきました。
 「おおっ、温かくてヌルヌルしてて気持ちいいよ」
 「私のドライビングテクニックをたっぷり味わってくださいね」
 私は腰を前後左右に激しく動かし、膣壁でペニスをきつく締め付けます。さらに車体がギシギシ鳴るぐらい激しい騎乗位で責め続け、最後は精子をたっぷり絞り出してあげたんです。

 もちろん「合格」の判を押してもらいましたけど、まさか自動車学校の教習車でカーセックスするなんて…。我ながら呆れてしまいました。
(書き手・柏木春人)

関連タグ:女のSEX告白

エンタメ新着記事

» もっと見る

官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白 合格印をもらうために誘惑教習所教官と騎乗位セックス

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP