菜乃花 2018年10月04日号

速報・仕事のない西内まりやがヘアヌードになる3つの条件

掲載日時 2018年08月02日 21時57分 [芸能]

速報・仕事のない西内まりやがヘアヌードになる3つの条件

 歌手で女優の西内まりやが、自身のインスタグラムで芸能活動再開の意向を伝えてから2週間が経過した。

「思うように仕事が入ってこない状態のようですが、それは当たり前でしょう。昨年11月に所属事務所の社長にビンタを見舞ったと報道され、その後に芸能活動が休止状態となっていましたが、あれほどの騒ぎを起こして事務所を辞めたタレントに対しては、テレビ局もレコード会社も映画会社も怖くて手を出せないでしょう。もちろん、本人が騒動を起こしたことについて反省しているところを示し、きちんとしたマネジメント体制が整えば話も違ってきますが」(芸能関係者)

 西内は先ごろ、自身のインスタグラムにバストを強調するセクシー写真を投稿。これがもとで「セクシー路線に変更か」などと囁かれている。

「一部の報道では、ヘアヌードも辞さずなどとしてエージェントが映画製作会社に営業をかけていると出ていましたが、脱ぐには3つの条件があるようです。1つは『芸術性があること』『ギャラ3億円以上』、そして『ハーフモデルの恋人、呂敏(ロビン)が撮影に立ち会う』というものです。芸術性を求めたりギャラにこだわるのはビジネス上分かりますが、脱ぐ場面になぜ恋人の立ち会いを求めるのか疑問ですね」(同・関係者)

 事務所を辞めてからというもの、西内はロビンの言うことしか聞かなくなったといわれる。

「ロビンが気に入らない種類のオファーが来た場合、しゃしゃり出て蹴るということも想定できます。そうしたことも含めて、西内は業界では“取り扱い注意”のタレントになったということです」(同・関係者)

 それでも西内は、ボイスレッスンやりジム通いでヤル気を見せているという。ロビンのアドバイスもあり、まずはモデルの仕事から復帰したい意向もあるようだが、いかんせんクライアントが前の事務所に忖度して仕事を出せない状況です」(同・関係者)

 どこかのファッション雑誌が思い切って西内を起用すれば、起用したいクライアントが出現するかもしれない。

「なかなかラチが明かないようなら、数人しか来ないと分かっていてもライブから始めるべき。もう以前のようにプロモーションが付かない状態なのですから、地道に汗をかいて苦労する活動をスタートさせた方がいいと思います」(プロモーター)

 西内もいばらの道だが、ヘアヌードを見たいファンにとってもいろいろとハードルは高い。

芸能新着記事

» もっと見る

速報・仕事のない西内まりやがヘアヌードになる3つの条件

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP