葉月あや 2019年5月2日号

習近平も盗撮された!? 中国共産党幹部連SEXビデオが海外大量流出(1)

掲載日時 2015年05月30日 17時00分 [官能] / 掲載号 2015年6月11日号

 「トラもハエも叩く!」と、敵対する腐敗官僚らの摘発に血道を上げる習近平政権。清廉潔白を主張する中国政府がここにきて、大慌ての様相を呈している。
 習氏が壊滅を目論む胡錦濤一派の親族が、中国共産党最高幹部らの不正蓄財の証拠を大量所持したまま国外逃亡。それが公表されることを恐れた政府が、水面下で同人物の奪還を企てたといわれているのだ。
 「その人物が胡錦濤元国家主席の側近で、汚職で逮捕された令計画・元全国政治協商会議副主席の弟、令完成なのです。中国共産党や人民解放軍幹部のファミリーが、海外のタックスヘイブン(租税回避地)に蓄財している額が400兆円を上回ることは、すでに海外機関の報道で発覚しているが、彼はそれらの証拠を示す膨大な資料を所持し、数年前に米国へ亡命したと言われている。さらに、中国の国家機密にも精通していると見られ、米CIAも重大関心を示しているのです。それで、ここにきて中国政府は習主席の右腕とも言われる汚職摘発の最高機関−−中央規律検査委員会の王岐山書記を直々に訪米させた。米国の弱点を突いて令完成の引き渡しを図ろうと躍起なのです」(中国共産党事情通)

 要は、令氏を中国に連れ戻して幽閉しない限り、いずれ習主席に連なる共産党幹部らの不正蓄財の事実が露呈。習政権が崩壊しかねない事態を招く危険性があるというわけなのだ。そのため、習政権は周到な策略を巡らしているという。
 「大筋は王を渡米させ、水面下でオバマ大統領に令完成の引き渡しを要請する方針だが、中国の海洋覇権制覇の動きやアジアインフラ投資銀行の設立を警戒する米国は、やすやすと身柄を引き渡すとは思えない。そこで、オバマが了承しない場合には、中国が大量に保有する米国債券を売却し、同国の信頼を失墜させる方策を突きつけると評判なのです」(同)

 もっとも、習政権がここまで強靭に令氏の引き渡しを迫るのには、さらに驚くべき理由があるという。それは不正蓄財の証拠と同時に、同氏が大量に国外に持ち出したと言われる「中国共産党幹部らのセックス盗撮ビデオ」の存在なのだ。
 日本の公安関係者が言う。
 「CIA筋によれば、令は亡命する際に、党幹部らの性交シーンを収めた大量の動画を持ち出したと言われる。令がこれらを所持できた理由は、政府の腐敗一掃に対抗するためだったというのです。というのも、習政権は腐敗官僚や政敵を失脚させる方策の一つとしてハニートラップを仕掛け、盗撮を繰り返してきた。ところが、敵対する腐敗官僚らも対抗策として、党幹部らの性生活を盗撮する手段を講じ始め、いまでは中国共産党内は盗撮のオンパレードです。その動画がかなりの数、習一派と敵対する令の元に渡っていたと見られているのです」

関連タグ:中国


官能新着記事

» もっと見る

習近平も盗撮された!? 中国共産党幹部連SEXビデオが海外大量流出(1)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP