菜乃花 2018年10月04日号

JK撮影会モデルをハメ撮り!! 海外サイトで叩き売っていたエリートサラリーマン(3)

掲載日時 2015年10月25日 23時00分 [事件] / 掲載号 2015年10月29日号

 小坂はネットで有名人となり、小坂がアップする画像や動画は全て買うというマニアも現れた。そのマニアたちが口をそろえて言ったのは「もっと若い子のSEXを見せてほしい」ということだった。
 小坂が猟場にしていたのはJKビジネスの店しかなかったので、「その注文には応じかねる」と返答するしかなかったが、ある日、小坂がハメ撮りした女子高生から「自分の妹も年齢をごまかして働いている」という話を聞いた。
 「いくつなの?」
 「中1…、13歳なの」
 「ええーっ!」
 「その友達も一緒に働いてんのよ。店では16歳ってことになってるけどね」

 小坂はその2人組を探し出し、必死で口説いた。一人は「撮影2万円、割り切り2万5000円、下着5000円」という約束で了承してもらったが、もう一人には躊躇され、1万円で手コキ、3万円でフェラチオ、10万円でSEXという3段階を踏んで、ようやく撮影の許可をもらった。
 その2人の画像はネットで大反響を呼び、簡単に元手を回収することができたので、小坂は「他にも援交できる友達がいたら、ぜひ紹介してほしい」などと持ち掛けていた。

 だが、終わりは突然やってきた。店が摘発され、経営者は13歳の少女2人を雇い入れていたとして、労働基準法違反容疑でも再逮捕された。その際、少女たちから話を聞いて小坂の犯行が浮上。小坂も児童ポルノ製造容疑で逮捕されたが、「自分はアメリカのサーバーを使って動画を販売していたので、アメリカの法律が適用されるはずだから、罪にはならないはずだ」と言い張った。
 だが、その行為自体が処罰の対象であることが分かると、目を白黒させ、弁護士を通じて少女らと示談しようとしたが、時すでに遅し。警察は押収したパソコンやネットの記録などを分析し、次々と児童ポルノ製造容疑で立件。小坂は6人の少女に対する児童買春及び児童ポルノ製造の罪で起訴されることになった。
 「今までは自分に自由な時間がありすぎたことがよくなかった。今回の件で自分も大変な目に遭ったし、会社を辞めることになり、勾留期間も長くて、家族にも迷惑を掛けた。性欲は相変わらずあるが、今後は法律の範囲内で決まった相手とするように改善していく」

 小坂は保釈後、また被害者の一人と会っていたことが分かり、公判前に保釈を取り消された。被害者意識のあるこの男は、また似たような事件を起こすかもしれない。
(文中の登場人物は全て仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

JK撮影会モデルをハメ撮り!! 海外サイトで叩き売っていたエリートサラリーマン(3)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP