大阪摘発・JKリフレ店 完全監視で借金まみれになった少女残酷物語

事件・2014/05/27 16:00 / 掲載号 2014年6月5日号

 女子高生の個室接客が売りの“JKリフレ”が、ついに児童福祉法違反(有害支配)容疑で摘発された。5月12日、大阪府警少年課に逮捕されたのは、大阪市淀川区西中島の『萌えエステ・メイドの手』の経営者の男(48)ら3人。

 これまでのJKリフレ店の摘発は労働基準法違反容疑(危険有害業務の就業制限)によるもので、児童福祉法違反では初となる。
 「今回は、従業員への過酷な罰金や待機室の監視カメラによる行動制限が行われていたため適用されたようです。そもそも、JKリフレには“裏メニュー”の風俗サービスが横行する上に、罰金システムで女性を縛り付ける店が多い。これを皮切りに同種の摘発は増えそうです」(社会部記者)

 『メイドの手』の摘発では、一度働き始めたら最後、なかなか辞めることができない異常な実態も浮かび上がった。
 「客に下半身を触られ、店に助けを求めても我慢させられ、無断欠勤した場合は罰金として、平日3000円、休日5000円の支払いが課せられていたようです」(同)

 しかし、この程度の話は序の口のようだ。同店の元従業員がこう明かす。
 「遅刻した場合、理由の如何を問わず10分1000円の罰金が基本。そこから分刻みに増えるから、約1万円の日当なんかアッという間になくなります。裏メニューも断ったら罰金、口の利き方が悪いで罰金。入店の際、辞めてもすぐに他店に行かないことを約束させられ、断ったら罰金…。払えない場合は店からの借金になるんです」

 その罰金は、店を辞める場合にも発生する。
 「そんなもの払う必要はないんですが、高校生は知識がないし、大ごとにしたくない。結局、店の言いなりになって、借金支払いのために自ら裏メニューに手を出す場合もあるんです」(同)

 この元従業員によれば、そのような罰金だらけのシステムは『メイドの手』に限ったことではないという。
 客相手でも相変わらずボッタクリ店が多いというJKリフレ。極悪店が壊滅する日は来るのか。

関連記事
事件新着記事