菜乃花 2018年10月04日号

小池百合子 稲田朋美 蓮舫 日本初「女性首相」へ仁義なき戦い

掲載日時 2016年08月16日 10時00分 [政治] / 掲載号 2016年8月25日・9月1日合併号

小池百合子 稲田朋美 蓮舫 日本初「女性首相」へ仁義なき戦い

 民進党の蓮舫代表代行(48)が9月の代表選に立候補する意思を固めた。その視線の先には、女性初の首相の椅子があると指摘される。しかし、その座を狙うのは蓮舫氏だけではない。
 政治アナリストがこう解説する。
 「安倍首相が初の女性首相に就けたい筆頭は、稲田朋美氏(57)。'05年の衆院選で一本釣りし、今回も防衛相という重要ポストを与えた寵愛ぶりを見れば明らかです。さらに東京都知事という変化球を投げた小池百合子氏も、任期満了の4年後はまだ68歳。再び国会に戻り首相を狙う野心は満々です。蓮舫、稲田、小池、この3氏が男の嫉妬を退けながら女性初の首相を取り合うのは間違いない。このサバイバルは見ものですよ」

 それぞれの戦略と実際の思惑はどうか。まずは蓮舫氏。民進党代表選への出馬会見で蓮舫氏は「私の持っている覚悟は、崖とかスカイツリーというレベルではなくて、富士山から飛び降りるくらいの覚悟」と語り、強い意思を滲ませた。
 先のアナリストが言う。
 「一時は都知事選への出馬を党内からも強く期待された蓮舫氏は、本人も当初、気持ちが揺らいだ。もし出馬していれば、“蓮舫都知事”が誕生していた可能性は7割以上あったでしょう。それを断念した理由は、一国の首相という高い目標があったからです。まずは党代表を勝ち取り、総選挙での大勝、さらにその先の首相の絵図を描いたための、都知事選回避だった」

 先頃の参院選での民進党敗北は、投開票前から事前調査で予測できた。ゆえに岡田克也代表の辞任、代表戦が必ずあるという読みが当たったというわけだ。
 一方、その蓮舫氏と対極の政治姿勢で、猛スピードで女首相への階段を駆け上がっているのが稲田氏。入閣は内閣府特命担当相(規制改革担当)に続く2度目で、防衛相就任前は党政調会長。「党務」も「閣僚」もこなし、すでに首相を目指す政治家としての資格は十分と言われている。
 「それもこれも、'05年郵政解散当時、稲田氏は弁護士活動で南京事件の“百人切り競争事件”を疑問視する姿勢を講演。それを聴講した安倍首相に引き抜かれたのが事の始まりだった。以来、政治家としては異例のスピード出世。今年2月、ある懇親会の席上で安倍首相自らが『首相候補として頑張っていただきたい』と激励したことで、それが現実味を帯びつつある。首相の携帯に直電できることから、男性政治家たちからは猛烈に嫉妬されていますよ」(全国紙編集委員)

 また、稲田氏といえば、眼鏡にミニスカ、網タイツ姿が定番だ。
 「選挙区の福井県が繊維と眼鏡の街で、地元振興とPRを兼ねてのもの。しかし一方で、稲田氏のスタイルに萌えるファンも続出し、今や“網タイツの女王”として熱烈な支援者も急増している。誰のアドバイスかは分かりませんが、政治家デビュー当時の地味さから一変している辺りは、意識の高い表れでもあります」(福井県議会議員)

 しかし、稲田氏に警戒感を強めるのは、中国と韓国、北朝鮮などだ。中国は稲田氏が防衛相の就任会見で南京事件に関連し「百人斬り」を否定したことについて、「歴史を否定すれば中日関係の未来はない」と強く反発。さらに稲田氏を「極右の政治ブローカーで、安倍首相と関係が近い」と警戒感を露わにする。それが、首相への道にプラスになるかは風向き次第だ。

 最後に小池氏。周辺の関係者が言う。
 「第一次安倍内閣時代に防衛大臣に就任した小池氏は、その後、安倍首相と総裁選を争った石破茂氏の推薦人になってから、安倍首相と距離を置くようになった。都知事へのチャレンジ直前までは、もう過去の政治家と思われていたのです。しかし、そんな状況でも彼女なりにしっかりと野心を持っていることが分かった」

 当初は石破氏を首相に押し立て、幹事長、官房長官狙いだったという小池氏。しかし、予想外に安倍首相のパワーが長続きし、石破氏の足踏みが続く。
 「機を見るに敏な小池氏は、舛添要一氏の辞任を受け、一か八かの都知事選に打って出た。蓮舫氏の出馬がなかったことや、石原慎太郎元都知事の“厚化粧の女”発言なども、小池氏の持って生まれた運の強さ。これで小池氏の頭の中には、“日本のヒラリー・クリントンになるのは私だ”という思いが一気に強くなっている」(小池氏側近)

 さらに、この小池氏側近はこう続ける。
 「東京五輪が終われば、小池氏は元都知事の肩書を引っ提げて再び衆院議員に打って出るつもりで、首相への道筋を立てることは間違いありません。その時、自民党が大改革の必要に迫られていれば、可能性は限りなく高くなる」

 こうなると、日本初の女性首相に誰がなるかは、タイミングと運次第となる。
 「例えば、小池氏の知事時代に民進党の大躍進があれば、蓮舫氏が最も首相の座に近くなる。稲田氏はバックアップする安倍首相の任期延長が続けば可能性は稲田氏。安倍首相の求心力があるうちに、できる限り力を蓄えたいところでしょう」(前出・政治アナリスト)

 女の戦いから目が離せない。

政治新着記事

» もっと見る

小池百合子 稲田朋美 蓮舫 日本初「女性首相」へ仁義なき戦い

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP