葉加瀬マイ 2018年11月29日号

能年玲奈 アニメ映画出演で加熱するヌード争奪戦

掲載日時 2016年12月16日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2016年12月22日号

能年玲奈 アニメ映画出演で加熱するヌード争奪戦

 能年玲奈改め、のん(23)が、12月16日に写真集を発売する。自身が主人公“すず”の声を務めるアニメ映画『この世界の片隅に』の舞台となった、広島県呉市を旅するという内容だ。
 「写真集のタイトルは『のん、呉へ。2泊3日の旅』。今回の映画に絡めた写真集で、普段着姿の彼女が名所を巡ったり、食事をしたりしながら1人旅を楽しんだカットが収められているそうです」(写真集編集者)

 能年といえば、所属事務所との契約トラブルを起こして約2年。契約満了とする彼女と、継続中を主張する事務所との対立は、現在も収まっていない。
 「いまだ事務所の公式サイトには彼女の写真が載っています。事務所サイドは契約継続を認めないなら、法廷闘争すると硬化したままです」(スポーツ紙記者)

 確かに、彼女のスケジュールを見ても、今後の出演は未定のまま。思うような活動ができない理由は、金の問題だという。
 「一番は、和解金を払って独立をするのが賢明。ただ、よっぽどのバックボーンがない限り、声優の収入だけではどうにもならないでしょうね」(芸能プロ関係者)

 そんな状況下での映画出演。だが、ここ最近、メディアに出ることがなかった能年のお目見えだけに、ファンは“やっと復活か”と色めき立った。
 「映画や雑誌の表紙など、一時よりは露出するようになりましたが、あくまで個人レベルのお付き合い。干されている状態なのは変わりませんね。今回の写真集も1500円と、内容のわりに高価なので、部数も見込めないでしょう」(同)

 そんな中、今回の写真集出版が、意外なところで盛り上がっているという。ズバリ、脱がせ屋たちだ。
 「ヌード写真集への争奪戦が勃発しています。理由は、今がオファーを受ける最大のチャンスだからです。旅写真集といえども、カメラを向けられたことに喜びを感じているはず。それは、芸能界で脚光を浴びたタレントに“注目されたい”という気持ちが必ずあるからなんです。彼女は本物のバージンという噂があるので、それを連想させるようなタイトルで全裸写真集の出版を仕掛けようと、すでに水面下で動いている。もし実現したら、和解金を払ってもお釣りがきますよ」(同)

 期待は高まるばかり。

芸能新着記事

» もっと見る

能年玲奈 アニメ映画出演で加熱するヌード争奪戦

Close

WJガール

▲ PAGE TOP