鈴木保奈美 とんねるず相方の嫁安田成美と犬猿の“お市”

芸能・2011/02/13 14:00 / 掲載号 2011年2月17日号
鈴木保奈美 とんねるず相方の嫁安田成美と犬猿の“お市”
閉じる

 NHKの連続ドラマで本格復帰となった、鈴木保奈美(44)と安田成美(44)。2人はご存知の通り、とんねるずの石橋貴明(49)と木梨憲武(48)を夫に持つが、その関係が“犬猿の仲”ともっぱらなのだ。

 保奈美は現在、『江〜姫たちの戦国』で、お市役として11年ぶりに芸能活動を再開。安田は去年10月から始まった朝の連ドラ『てっぱん』に主役級で出演している。
 「2人ともNHKとの関係は仲良く揃っていわく付き。保奈美は'98年に石橋と電撃再婚、しかもこれが妊娠3カ月のデキ婚で、翌年に放送された大河『元禄繚乱』を最後にテレビから姿を消している。一方の安田は、'94年の朝ドラ『春よ、来い』で主演し、脚本の橋田壽賀子とモメた挙げ句に途中降板となったのは有名な話です」(テレビ誌記者)

 そんな2人が「連絡をとらないのはもちろん、口をきくこともない関係」(NHK関係者)とされる原因は、それぞれの夫の“収入差”にあるという。
 「木梨は石橋と『みなさんのおかげでした』(フジテレビ)他、1人で『お茶の水ハカセ』(TBS)、CMでもモバゲーをはじめ数本に出演しているにもかかわらず、レギュラー1本だけの石橋と収入がさほど変わらないのです。2人は石橋が社長、木梨が副社長として事務所『アライバル』を切り盛りしていますが、'08年からは保奈美が所属タレントとして加わっています。安田としては、“自分の夫が保奈美の入れ知恵で石橋の分まで働かされている”と、面白くないようなのです」

 一方の保奈美は、復帰の理由を「子育てがひと段落したから」としているが、これには首を傾げる関係者が多い。
 「石橋の“仕事減”に危機感を抱いた彼女が重い腰を上げた、というのが大半の見方です。確かに、娘の3人は小学生になり手がかからなくなりましたが、今後は養育費がかさむ。共稼ぎ体制をとった上で金にがめつくなるのも頷ける話です」(夕刊紙記者)

 大物タレント夫婦同士、微妙な関係に注目だ。

関連記事
芸能新着記事