葉加瀬マイ 2018年11月29日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 仲里依紗(27) ご奉仕好きの絶倫女優!?

掲載日時 2017年10月02日 18時00分 [官能] / 掲載号 2017年10月5日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 仲里依紗(27) ご奉仕好きの絶倫女優!?

 今回取り上げるのは、女優の仲里依紗。話題のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)では、持ち前の演技力で銀座のホステス役を好演し、主演(武井咲)のライバル役として、見劣りしない存在感を発揮していた。
 彼女は父方の祖父がスウェーデン人で、強い目力や高い山根(鼻の付け根)、尖った上向きの準頭(鼻の頭)に、クオーターらしさがよく現れている。プライド高く、虚栄心も強く、(男性側からすると)容易には意のままにならない、気品と(気性の)キツさを備えている。

 若い頃は、ぷっくりと膨らんでいた臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)が、結婚・出産を経ておとなしくなり、エロスの面で落ち着いた感がある。もとよりすっきりと乾き気味の眼光で、媚と淫をあまり含まず、淫蕩さや好色性は高くない。
 上下唇が厚く、その唇に歓待紋(細かな縦皺)が多く、情愛豊かで、ベッドに上がれば奉仕的な性戯で尽くす女相だ。【淫乱度】は「2」寄りの「3」と平均値だが、男性側の実感としては1ポイントアップだろう。

 白人系の鼻相ゆえ、金甲(小鼻)の張りは弱めながら、金甲そのものは肉厚で、口が大きく、歯列のU字も大振り。1度ベッドに上がれば2交、3交は楽にこなせる精力家だ。
 準頭にホクロがあるのは、精力も金銭も出し惜しみしない浪費家の相で、遊ぶときには遊びまくり、宵越しの金を持たないタイプ。【絶倫度】としては「4」と高い。

 口元がやや締まりに欠け、笑うと歯茎が露出するのは、異性の誘いに乗りやすい尻軽相。しかし、遊んだ、遊ばれたとクヨクヨせず、人生意気に感じる楽天家の相でもある。
 彼女は角額で生来の気質は男性的。眉間が広く、正面からやや鼻孔が覗き、性愛に関しても豪放で、耳が小さいので保身に走らない。【尻軽度】も高く、「4」。

 先天的名器度のバロメーターとなる、耳の穴の手前にある切れ込みが広大で、口元の肉付きは悪くないものの、締まりに欠ける。耳廓(耳の内側の波打った部分)が出ているのは膣収縮の激しい相で、やや挽回するも、【名器度】は「2」と低めだ。
 おとなしくなった臥蚕と、吊り上がりでない眉があげまん要素ながら、明確なあげまん相はなく、【あげまん度】も「2」。

 彼女はホクロが多く、右眉頭の下にあるホクロは、夫婦関係が(どちらかの浮気などが原因で)こじれる暗示で凶意を含む。左耳ともみあげの間にあるホクロは、性愛に関して秘密を持つ相で、額の中央にあるホクロは(夫を含む)目上との対立や訴訟に縁が深い。
 今後、夫婦関係でひと波乱ありそうな女相ながら、顔相全般が強く、華もあり、女優としてはますます栄進しそうだ。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 仲里依紗(27) ご奉仕好きの絶倫女優!?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP