菜乃花 2018年10月04日号

「飲酒後の睡眠時の血圧変動モニター募集!」100人超を昏睡レイプした男の実録犯行ビデオ(1)

掲載日時 2015年10月09日 23時00分 [事件] / 掲載号 2015年10月15日号

 稀代の卑劣わいせつ魔と呼ばれることになる野田秀憲(54)は、もともと旅行会社の添乗員だった。添乗員時代はヨーロッパや中南米を担当。そのため、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、アラビア語がペラペラ。いわば優秀な男だったが、健康に恵まれず、椎間板ヘルニアと糖尿病を患い、それに伴うストレスで統合失調症を発症したことから仕事を辞めることになった。
 野田は内科、外科、精神科をはしごする薬漬けの毎日となり、生活保護を受ける身となった。そんな生活が嫌で、東日本大震災のボランティアに参加したところ、不衛生な生活環境でも必死に頑張る被災者たちを見て、ますます自分が情けなくなった。

 「先生、自分も早く仕事がしたい。添乗員に戻ったらダメだろうか?」
 「まだそんなことは考えなくていい。自分の体を治すことを考えなさい」
 野田は毎日のように医者と話をするうちに「治験コーディネーター」という仕事があることを知った。患者の血圧などを測り、そのサンプルデータを製薬会社に売るという仕事である。
 「いわば患者と製薬会社の間の仲介役だよ。そういう仕事なら、あなたにもできるんじゃないの?」
 「それはいいッスね!」

 野田は早速街頭に立ち、「血圧測定に協力してください」と呼び掛け、40〜50人のデータを集めた。ところが、治験行為は厚労省の許可が必要で、入院設備が整った施設でやらなければならず、医師や看護師の立ち会いも必要。個人が勝手にできる仕事ではないことを知った。
 「何だ、それならこんなデータを集めても意味ないじゃないか!」
 やむなくその仕事は断念したが、別の仕事を探そうとパソコンで検索していたとき、「あなたが撮ったわいせつ動画を高価買い取り致します」というサイトを見つけた。その業者はニュージーランドに本社を置き、日本から逆輸入した動画をニュージーランドのサーバーを使って流しているので、日本の法律は適用されないとのことだった。
 「待てよ、これならあの手口でカモが引っかかるんじゃないか?」

 野田は「睡眠時の血圧を測るバイトがある」とネットで募集し、応募してきた女性に睡眠薬入りの酒を飲ませ、昏睡状態のまま正常位で結合するというビデオを撮影。この手口を思い付いた経緯も書き添え、サンプル動画を業者に送った。
 すると1週間後、業者から連絡があった。
 「素晴らしいです。今回の作品は諸経費込みで3000ドル(約30万円)で買い取らせていただきましょう」
 「3000ドルだって!?」
 野田は驚いた。
 「あなたのハンドルネームは『忍』にしましょう。夜間の血圧測定という設定にして、寝ている女性を撮ってしまえば簡単でしょう。日本人の男はオッパイが大好きですから、胸を中心に撮ってください」

 他にも野田は業者から、“犯行”のための具体的な指示を受けた。
 「女性の集め方ですが、応募者を信用させるためにはホームページを立ち上げておいた方がいい。今の若者は必ず携帯で確認します。宣伝するのはチラシでも新聞広告でも構いませんが、レンタルオフィスと電話代行業を使って、必ず一等地に会社を置いているという体裁は整えてください」
 「分かりました」

 後のことは何を聞いても、「私たちが全部責任を持つから大丈夫ですよ」の一点張りだった。
 「あなたよりもっとひどいことをやっている人がいますから大丈夫ですよ。クラブでナンパした女性に睡眠薬入りの酒を飲ませて、そのままホテルでわいせつ動画を撮ってしまうとか。産婦人科医が点滴の中に麻酔薬を混入して、寝ている間に患者をハメ撮りしている画像とか。どういう風に自分のキャラクターを作っていくかが問題です。99%リスクはありませんから」

 野田は市販の睡眠導入剤と酒を飲ませれば、1時間ぐらいで寝始めることを知った。要はその間に、どこまで女性をオモチャにできるかだ。撮影内容によって、ギャラは5万円〜60万円の開きがあった。

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

「飲酒後の睡眠時の血圧変動モニター募集!」100人超を昏睡レイプした男の実録犯行ビデオ(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP