菜乃花 2018年10月04日号

増殖し続けるオネエ系タレントに待ったをかけるテレビ事情

掲載日時 2015年12月24日 17時00分 [芸能] / 掲載号 2015年12月31日号

増殖し続けるオネエ系タレントに待ったをかけるテレビ事情

 マツコ・デラックスを筆頭にミッツ・マングローブ、IKKO、はるな愛、KABA.ちゃん、クリス松村、ナジャ・グランディーバ…。そして最近は、“ユニセックスオネエ”として人気のGENKING、ハーフモデルのIVANなど、新キャラも続々と登場し活況を呈している現在のオネエ界。ところがこの勢いも年内で終わりだという。その理由について民放関係者が解説する。
 「いわゆるオネエ系と言われるタレントは供給過多。もともと芸能界の中でも“限られた人種”だったんです。だからこそ、求められ注目も集めた。でも、ここまでオネエたちが過剰に増殖してくると、もはやお腹がいっぱいで辟易している視聴者も少なくない。ある程度、数を減らしていかないと共食い状態になり、いずれは視聴者から飽きられてしまいます。来年の今頃、生き残っているのは、おそらく3分の1もいないでしょうね」

 さらにテレビ界の制作事情も、オネエタレントらにとっては厳しい新年になるのだという。
 「'16年は各テレビ局が今以上に制作費の圧縮を発表しています。ネットに押され、CMの売り上げ額がどんどん減っていることを受けた緊急対策ですよ」(テレビ局関係者)

 それにしてもなぜ、テレビマンはオネエ系タレントばかりを狙い撃ちしようとするのか?
 「本来は芸人と同じ位置付けのオネエ系タレントだったが、マツコ・デラックスなど大物の出現で、その存在が改めて見直されたんです。今やバラエティー番組はマツコの毒舌がないと成立しない。ギャラもゴールデン&プライム帯でMCなら1本180万円〜。年明けからは200万にアップする。ちなみに親友のミッツは60万円〜、はるな愛が80万円〜。IKKOクラスだとガクンと数字を落とし20万円〜。これに準じているのがKABA.ちゃんやクリス松村、ナジャ・グランディーバなどです」(制作会社プロデューサー)

 実はオネエ系タレントの出演料は総じて割高だというのだ。
 「なんといっても彼ら、いや彼女らはお金に関して、とにかくシビアなんです。本来、駆け出しなら3万円〜だが、これがオネエだと一気に2倍になる。表向きはメークや衣装にお金が掛かっているという理由です。テレビマンがリストラに動くわけです」(前出・テレビ局関係者)

 さらにオネエ系タレントの弱点が存在する。
 「とにかく彼女らは基本、自分のことしか考えていない。だから足の引っ張り合いばかりしているんです」(放送作家)

 来年、オネエ系タレントは何人残っているのか!?

芸能新着記事

» もっと見る

増殖し続けるオネエ系タレントに待ったをかけるテレビ事情

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP