HKT48指原莉乃 大島優子に続く”楽屋ストリップ女王”2代目襲名! 嫌がる後輩メンバーたちに全裸を見せつけ大興奮

芸能・2015/08/25 20:00 / 掲載号 2015年9月3日号
HKT48指原莉乃 大島優子に続く”楽屋ストリップ女王”2代目襲名! 嫌がる後輩メンバーたちに全裸を見せつけ大興奮
閉じる

 『HKT48』指原莉乃(22)の“サシハラスメント”が、いよいよ深刻化している。
 「指原の全裸癖が明るみに出たのは、7月30日の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でのこと。『HKT48』の後輩で若干14歳の矢吹奈子が、指原から裸を見せられる被害を“告発”したのです」(芸能記者)

 矢吹によると、指原は、劇場などでメンバーが着替えている時、いつも自分の裸を見せつけてきて喜んでいるという。「ニヤニヤしながら毎回、“どう? 私の体?”と聞いてくる」「正直困ります。恥じらいとかはないんでしょうか!?」と強くクレームをつけたのだ。
 「指原は矢吹の告発を全面的に認めた上で、『脱いだ後にメンバーが、やめてくださいって私のことをすごい嫌がるんですよ。嫌がるのがすごい面白くて、ずっと裸で踊ったりとか…。見せたいんですよ!』と、まさに楽屋ストリップを常習的に行っていることを自供したのです」(同記者)

 それだけではない。ヘアや性器まで露出した“全裸ダンス”を披露していることまでも告白したのだ。
 「司会のダウンタウンが“全裸で踊ってるの?”と突っ込むと、指原は堂々と『どっちも脱ぎます』と、パンティーもブラジャーも脱ぎ捨て、スッポンポンになることを明言し、変態的な嫌がらせであることを認めました」(テレビ誌記者)

 こうした「楽屋ストリップ」はもともと、本誌既報通り大島優子(26)の得意技だった。ただ、指原の方がよりワイセツなのである。
 「矢吹ら10代半ばの子供をターゲットにし、自身の乳首や陰毛を見せつけるのですから、児童への性的虐待の疑いも浮上します。それまでも指原は、少女メンバーらに強引にキスすることなどのセクハラ癖で知られ、“サシハラスメント”と呼ばれていた。より過激化している格好です」(AKB関係者)

 AKBグループや卒業者をめぐっては、現在、誰が最初にフルヌードになるのか熾烈な水面下の争いが繰り広げられているという。実は指原、その全裸競争でも1位を狙っているとか。
 「22歳になり、今年6月のAKB選抜総選挙で2度目の1位に返り咲いた指原は、もう思い残すことがなく脱ぐ決意を固めていると聞きます。特に意識しているのは“初代楽屋ストリップ女王”の大島優子。最近、『優子ちゃんより早くヌードになるから』と口癖のように話してますし、写真集やグラビアの打ち合わせの際など、冗談めかして『脱ぎますか?』と持ち掛けているそうです。楽屋で全裸になるのは、その予行演習かもしれませんね」(同)

 実際、指原のボディーはかなりエロく進化していると、ファンの間ではもっぱらの話題だ。
 「今年に入って、青年誌のグラビアなどでセミヌード寸前の写真を披露。お尻がプリッと突き出て、胸も理想的なピーチ乳。総選挙1位獲得の公約として6月末にビキニ姿でライブをしましたが、その対策のために“おっぱいマッサージ”を繰り返していたためか、バストが87センチのEカップくらいまで肥大化している」(グラビア編集者)

 指原は1月2日、『ぐるナイ新春ゴチ!SP』(日本テレビ系)で『結婚して芸能界辞めてもいいかなって思う』と爆弾発言したばかり。
 「指原は2位以下転落を恐れ、来年の総選挙までに卒業する決意を固めています。以前出版したソロ写真集『猫に負けた』がコケたことを根に持っており、卒業直前に進化した全裸を披露する“リベンジフルヌード写真集”を出す可能性は十分あります」(同編集者)

 全裸総選挙も1位へ!

関連記事
芸能新着記事