〈男と女の性犯罪実録調書〉③痴漢老人の意外な正体

官能・2020/05/21 00:00 / 掲載号 2020年5月28日号

 行為が終了すると、男は「これで口を拭くように」と言って、トイレットペーパーを差し出してきた。

 愛莉さんはそこに精液を吐き出し、便器に流した。さらなる被害に遭うのではないかと怯えていたが、男はイチモツが言うことを聞かないようだった。
「もうこれ以上は何もしないから出ていいよ」

 愛莉さんは逃げるように身障者用トイレから出た。まだ口の中に精液の味が残っていたので、女子トイレに駆け込み、念入りに洗面所で口をゆすいだ。

 しばらくして外に出ると、男の姿はなかった。愛莉さんは今しがた、起きた出来事が信じられなくなった。
〈どうしよう。知らない男に痴漢された〉

 愛莉さんは親しい友人にこんなLINEを送った。驚いた友人から事情を聴き出され、愛莉さんはトイレに連れ込まれて体を触られたことまでは話したが、フェラチオしたことまでは話せなかった。
〈その百貨店だったら、○○が勤務しているんじゃなかったっけ?〉

 友人は学生時代の同級生の名前を出した。愛莉さんもハッとして、その同級生に連絡を取ってみた。
〈一体、どうしたの?〉
〈5Fのトイレで痴漢に遭った〉
〈もうすぐ休み時間だからそっちに行くわ。喫茶店で待ってて〉

 愛莉さんは指定された店内のカフェテラスで待ち合わせをし、その百貨店で働く元同級生と落ち合った。
「それはとんでもない話だわ。セキュリティー部門の担当者を呼ぶから」

 すぐに駆け付けた担当者に事情を話すと、防犯カメラを確認した上、警察を呼んでくれた。

 駆け付けた警察官は防犯カメラの映像を見るなり、言った。
「この男は…」

 男は医者を装ってわいせつ行為を繰り返す常習犯。これまでも検挙歴があるという。
「でも、札束を持っていたんですよ」
「それは見せ金です。上下2枚以外は偽物。こう見えても、元銀行員だったそうです」

 男は指名手配され、2カ月後に強制性交等容疑で逮捕された。男の名前は坂巻健太郎(72)。坂巻は普段は不能だが、この手口を使うときだけは勃起できるという。
「合意の上だった。パパ活のつもりだったのに、『お金は要りません』と言い張ったのは彼女です」

 孫のような被害者を相手に恥ずかしくないのか。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連記事
関連タグ
官能新着記事