もはや、愛だけでは救えない?『24時間テレビ』に忍び寄る第2次緊急事態宣言の恐怖

芸能・2020/07/21 06:00 / 掲載号 2020年7月30日8月6日合併号
もはや、愛だけでは救えない?『24時間テレビ』に忍び寄る第2次緊急事態宣言の恐怖

画像はイメージです

閉じる

 夏の風物詩『24時間テレビ』(日本テレビ系)の制作決定が発表された。今年は、8月22日、23日の2日間にわたり放送されるが、周囲の雰囲気はかなりギスギスしているという。

「恐らく史上最弱のパーソナリティー陣だ。メンバーも年齢もバラバラ。ある意味、寄せ集めに近い陣容だ」

 と思わずため息を漏らすのは、日テレ関係者。

 当初、メインパーソナリティーには昨年に引き続き今年度で活動を休止する『嵐』が内定していたのだが、折からの新型コロナウイルス騒動ですべての計算が狂ってしまったようだ。

「コロナ禍でコンサートもままならない中、リーダーの大野智が“『24時間テレビ』だけ特別扱いできない”と言い出したんです。ジャニーズサイドは説得に説得を重ねたが、無理だった。関係者の落胆ぶりはかなりのものだった」(同)

 スッタモンダの末、公式会見で発表されたのは、キャプテンに『V6』の井ノ原快彦を据え、他は『NEWS』増田貴久、『Kis−My−Ft2』北山宏光、『ジャニーズWEST』重岡大毅、『King&Prince』岸優太の計5人。

「正直言って、このメンバーで視聴率を取れというのはかなり難しい注文です」(番組事情通)

 さらに、ここに来て囁かれ始めたのが、第2次緊急事態宣言の行方だ。現在、日を追うごとに東京都のコロナ感染者は急増している。1日の感染者300人超えも現実味を帯びてきた。

「今の現状は東京五輪が延期になる前の状況、すなわち1回目の緊急事態宣言が出される前の状態にそっくりなんです。五輪中止決定直前までは感染者が比較的、少なかったのに、中止決定後に感染者が激増したんです。今回は都知事選がまさにこの分岐点に当たるわけです。都知事選が終わった段階で劇的に感染者が増えている。そこに色々な噂が飛び交っている。選挙が終われば、飲食店関係者の得票は関係ないから、大手を振って緊急事態を出せますからね」(政界関係者)

 現在、第2次緊急事態宣言が出されるのは、8月1日以降が想定されている。

「公立の小中学校が夏休みに入る。その段階で自粛に踏み切るのです」(同)

 こうした国や都の動きに戦々恐々としているのが、8月下旬に『24時間テレビ』を放送する日テレ。

「さすがに緊急事態宣言が出された中で、番組を放送するのは如何なものか。だが、『24時間テレビ』をやれば10億円の募金に加え、20億円近い広告収入が集まるんです。この募金を当てにしている関係団体も存在する。頭が痛いですよ」(前出・日テレ関係者)

 日テレ関係者はこれ以上、コロナ感染者が増えないよう日々祈っているとか。

関連記事
芸能新着記事