林ゆめ 2018年12月6日号

トリンドル玲奈 女囚ドラマ出演で見せるか仰天ヌード

掲載日時 2017年04月22日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2017年4月27日号

トリンドル玲奈 女囚ドラマ出演で見せるか仰天ヌード

 一時期“色白ハーフ系”で人気者だったトリンドル玲奈(25)が失墜。その挽回策として仰天ヌードを披露するのではないか、と期待が高まっている。
 「ピーク時は、ベッキーやローラとは一味違うハーフキャラとして、テレビや雑誌などで引っ張りだこでした。ベッキーとローラがバラエティー中心で活動するのに対し、トリンドルは、モデル系アイドルとして高い評価を得ていたんです。人気の理由はギャップ。美少女系なのに、水着やエステCMでの下着披露もガンガンやっていましたからね」(グラビア雑誌編集者)

 とりわけトリンドルを有名にしたのは、同じハーフタレントのダレノガレ明美とのケンカ。2人はファッションショーの際、ランウェイ中にぶつかりそうになったことがきっかけだ。
 「本来、出るときはセンター、帰りは端を戻ってくるのがモデル界の常識。しかし、そのときは、ダレノガレはズバズバ言う絡みキャラだったので、トリンドルに軍配が上がった。でも実際は、ダレノガレにライバル意識を燃やしたトリンドルが、わざとぶつかったのではないか、とも囁かれています」(モデル関係者)

 しかし、その気性の荒さが裏目に出てしまった。慶応大在学中の、ある事件が表沙汰になったことだ。
 「握手を求めるファンに、『なんで、お前と握手しなきゃなんねえんだ』と発言したことがツイッターで拡散。しかも彼女は、付き合う相手を『慶応じゃ無理。東大じゃないと』と言ったことも暴露された。この一件で、トリンドルは決定的に評判が悪くなったのです」(芸能記者)

 そんな彼女は、金曜ナイトドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)に出演する。主演の剛力彩芽を筆頭に、橋本マナミ、安達祐実など豪華な出演陣だけに、彼女は脇役といっても過言ではない。しかし、この出演の裏に、ある狙いがある。
 「彼女自身、最近の人気急落は自覚していて、挽回のためなら脱ぐ覚悟もあるといいます。もともと下着などのエッチ路線でブレイクしたわけですから、脱ぐのは平気。聞こえてくる話では、今回の深夜ドラマでの囚人役を引き受けたのは、アイドルイメージを払拭するため。ズバリ、放送終了後、ライバルのダレノガレもが驚くヌードを発表するというのです。最後の挑戦に出るつもりらしいですよ」(写真集編集者)

 タイマン勝負。


芸能新着記事

» もっと見る

トリンドル玲奈 女囚ドラマ出演で見せるか仰天ヌード

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP