片山萌美 2019年7月4日号

貞淑美女タレントの性白書 桐谷美玲 ジャニタレにモテモテの 隠れEカップ巨乳とフェラ上手(3)

掲載日時 2013年09月17日 14時00分 [芸能] / 掲載号 2013年9月26日号

 “天敵”は、ただひとり。深夜ニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ)で一緒の山岸舞彩だ(26)。
 「桐谷は昨年から、山岸は今年4月からですから、山岸にとって桐谷は年下でも“先輩”なのですが、会話もなければ挨拶さえありません。いつまでもモデル気分の桐谷が許せないようです。もうひとつ、本音で自分よりキレイな桐谷がシャクにさわるようです」(テレビ局関係者)

 続いて、気になる男関係を見て行こう。
 2010年−−薮宏太(Hey!Say!JUMP)、'11年−−笠原秀幸、'12年−−藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft.2)、'13年−−大倉忠義(関ジャニ∞)といった具合だ。
 「笠原以外は全て“ジャニタレ”。彼女、一部のファンから“ジャニヲタ”と呼ばれているんです」(前出・常山氏)

 笠原は、'10年7月放送の月9ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』(フジテレビ)の共演者で、桐谷の理想のタイプ『何でも包み込んで守ってくれる年上の男』というふれこみだった。
 「いえ、これは薮との恋に破れた反動から笠原と交際したというのが有力です。この頃、彼女は激ヤセしていました」(ドラマ制作関係者)

 何度も言うようだが、確かに笠原は“非ジャニーズ系”である。
 「現在、ホットな仲と噂されているのが、件の映画『100回泣くこと』で共演した大倉です。桐谷は自分の方から積極的にアプローチして行ったようです」(映画関係者)

 ちなみに桐谷の本名はM・Sだが、芸名の由来もジャニタレが大きく影響しているという。
 「『KAT-TUN』の亀梨和也です。もともと亀梨の大ファンだった桐谷。彼が主演し話題を呼んだ『野ブタ。をプロデュース』の主人公“桐谷修二”からもらったともっぱらの噂です」(前出・常山氏)

 18歳の頃に見てもらった占い師からの『30歳で結婚』を今も信じているという桐谷。
 「ま、今の立ち位置からいって大倉との“電撃結婚”はないでしょうけど、いつ奥さんになってもいいように“花嫁”準備はしているようです。男は胃袋でつかめとばかりに料理に夢中です」(テレビ局関係者)

 桐谷は最近のオフィシャルブログにも《さいきん、わりとご飯作ります》と書き込みしている。
 「肉じゃが、トマトとなすのパスタが写真入りで紹介されています。でも、食事後の洗い物がキライとも正直に書いています」(前出・芸能レポーター)

 ともあれ、ジャニタレだけでなくこれから増々男たちの股間を熱くさせていくのは間違いない!

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書


芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 桐谷美玲 ジャニタレにモテモテの 隠れEカップ巨乳とフェラ上手(3)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP