林ゆめ 2018年12月6日号

上戸彩 “バツイチ”覚悟のノーブラ&ノーパン撮影現場

掲載日時 2017年01月03日 15時00分 [芸能] / 掲載号 2017年1月5・12日合併号

上戸彩 “バツイチ”覚悟のノーブラ&ノーパン撮影現場

 上戸彩(31)が、バツイチを覚悟したかのように「ノーブラ&ノーパン美背中」を披露する裸身露出に打って出た。
 「上戸は12月12日発売の女性ファッション誌『ar(アール)』の表紙で、衝撃の美背中露出に踏み切ったのです。腰あたりまで激しく見せた背中のドアップ写真で表紙を飾り、スケスケのセクシーなキャミソールも着用。グラビアでは生脚を大胆に披露したり、へそ出しルックで登場するなど、自身の生肌をこれでもかというくらい露出しているのです」(芸能ライター)

 実は上戸、この撮影にノーブラで臨んだというのだ。
 「背中の開き具合からみて、確実にノーブラです。ということはキャミソールの下には直接、神秘の乳首があるということ。想像するだけで興奮する撮影現場ですよね。お尻アップ写真もあるので、パンティーラインが浮き出るのを防ぐため、下半身もノーパンでしょう。つまり、ノーブラ&ノーパンで人妻が撮影に臨んでいたことになりますね」(同)

 上戸といえば、本誌既報通り、'12年に結婚し昨年8月に第一子をもうけたEXILEリーダー・HIRO(47)との関係が最近、悪化。HIROが社長を務める芸能プロ『LDH』をめぐるレコード大賞買収疑惑やパワハラ疑惑、HIROの浮気疑惑などが噴出したのが原因とみられ、上戸は“激やせ&貧乳化”危機にも見舞われているのだ。
 「子供を最低3人欲しい上戸ですが、HIROが多忙なため、2人目の子作りができていないのも一因でしょう。芸能人としてのイメージ低下と、貧乳化を防ぐため、離婚を勧める声が周囲に強いようです」(知人)

 そうした状況での今回の突然の美背中披露は、離婚後のヌードを覚悟したことを暗示しているとみられる。
 「上戸は“きれいなうちに裸を撮りたい”と常々言っており、実はヌード願望が強い。日頃からヨガなどで肉体をシェイプアップしており、スタイル抜群。今回の露出には、HIROに対する“決別”を意味しているのかもしれません。電撃離婚後、激やせから早期に復活して見せて、ファッション誌か写真集で全裸を披露。その後、不倫妻役でエロ演技連発が期待されている、来年初夏公開の主演映画『昼顔』につなげたいという青写真を描いています。これだけ挑発的な背中を見せておいて、今後、何もないわけがありません」(スポーツ紙記者)

 早期、全裸を望む!


芸能新着記事

» もっと見る

上戸彩 “バツイチ”覚悟のノーブラ&ノーパン撮影現場

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP