菜乃花 2018年10月04日号

吉高由里子 心ここにあらず! わがまま春ドラマ収録お色気現場

掲載日時 2018年04月20日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2018年4月26日号

吉高由里子 心ここにあらず! わがまま春ドラマ収録お色気現場

 「もう、心ここにあらずという雰囲気を漂わせながら、収録に臨んでいるようです」(芸能ライター)

 4月11日から始まった連続ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)でヒロインを演じている吉高由里子(29)。
 「駆け出し検事が活躍する痛快ドラマ。阿川佐和子の小説を原作に、仕事や恋に悪戦苦闘しながら成長するヒロインを吉高が演じています」(ドラマ関係者)

 実は、本読みの時から吉高は“戦意喪失”状態にあったという。
 「ドラマのオファーがあった際、吉高はプロデューサーに“私、事件ものが苦手なので、そういう台詞あまりないですよね?”って聞いたら“大丈夫”と言ったのに、いざ脚本の準備稿を見たら、たくさんの事件や検察・法律用語が書いてあったので、モチベーションが一気に下がってしまったようです」(芸能ライター)

 案の定、本読みでは何度もつっかえてしまい、結果、決定稿になると、吉高の台詞は大幅に先輩検事の台詞に変わっていたという。
 「彼女の“私、できな〜い”わがままに特に振り回されているのが、安田顕。表情にこそ出しませんが、内心ははらわたが煮えくり返る思い。よって収録現場は、微妙な空気に包まれているようです」(芸能関係者)

 そして、もう一つ。吉高が仕事に集中できない要因というのが、男関係だ。
 「7月22日に30歳になるというタイミングを控え、私生活の結婚問題で精神的に落ち着かないようです」(芸能レポーター)

 吉高は、'16年7月に『関ジャニ∞』の大倉忠義との熱愛が発覚。一時は破局も囁かれたが、その後も安定的な関係を保ってきている。
 「お酒が入ると“結婚したい”が口癖の吉高は焦っているんです。“ライバル”たちが続々と結婚を発表しましたからね」(芸能関係者)

 昨年12月、『V6』の岡田准一が宮崎あおいと、今年3月には同じく『V6』の森田剛が宮沢りえとゴールインした。
 「中でも、宮沢りえに先を越されたのが悔しくて、余計に焦っているのです。このところ、体つきも熟してきて、おっぱいが大きくなっていることを吉高自身、吹聴しているといいます。ドラマ撮影現場でもお色気フェロモンを振りまき、共演者やスタッフが戸惑っているといいます。今が“食べ頃”であるのは確かなんですけどね」(前出・芸能レポーター)

 由里子の“春”はまだまだ遠そうだ…。

芸能新着記事

» もっと見る

吉高由里子 心ここにあらず! わがまま春ドラマ収録お色気現場

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP