今後の新型コロナ感染者数の推移がカギになりそうな東京都知事選

政治・2020/06/02 21:30
今後の新型コロナ感染者数の推移がカギになりそうな東京都知事選

山本太郎

閉じる

 2日の都内で新たに30人以上が新型コロナウイルスに感染していることを、テレビ各局が報じた。

 1日あたりの感染の確認が30人以上となるのは先月14日以来、19日ぶりとなった。

「先月末に東京は緊急事態宣言を解除。飲食店の営業などを緩和して6月1日から『ステップ2』に移行したばかり。にもかかわらずの感染者急増で『東京アラート』の発動も検討され始めている」(都政担当記者)

 そんな中、間もなく迎えるのが任期満了に伴う東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)。

 同知事選にはすでに新党「ホリエモン新党」から「NHKから国民を守る党(N国)」の立花孝志党首(52)、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)、熊本県の小野泰輔副知事(46)が出馬を表明。

 実業家・堀江貴文氏(47)、「れいわ新選組」の山本太郎代表(45)らの出馬が浮上している。

「民間の調査会社によると、小池氏の支持率は3月から20ポイント近くアップし、7割に近づいてしまった。現状では都知事選では圧勝するとみられているが、アラート発動で外出を自粛させれば自然と投票率が下がり、さらに勝利が確実なものになるだろう。もともと、“操作疑惑”がある感染者数だけに、知事選告知前の人数が注目される」(全国紙政治部記者)

 そうなったら、盛り上がりに欠ける都知事選になりそうだ。

関連記事
関連タグ
政治新着記事